学習コラム

超簡単!絶対に数学の点数が上がるたった1つの方法

受検生が最も苦手意識を持つ数学。
その数学の点数を確実に上げることができるたった1つの簡単な方法を紹介します!膨大な量と難易度の高い問題が並んだ専門学科の数学にももちろん有効です。

その方法は、、、、

「ケアレスミスをなくすこと。」

です!

これを聞いて、「なんだそんなことか。当たり前じゃん。」と思っている人も多いのではないでしょうか?
しかし、頭で思っているだけでは絶対になくならないのが『ケアレスミス』です。
今回は、ケアレスミスを減らすための具体的なテクニックをお教えしましょう!

ケアレスミスとはなにか?

12-_1_1_27399249586_o

対策を考える前に、まずは敵を知りましょう!
ケアレスミスとは、直訳すると『不注意による誤り』です。『うっかりミス』と言ったりもしますね。
だから、「注意すればなんとかなる。」とか、「見直しすればなんとかなる。」と思っていませんか?
しかし、緊張するテスト本番や受験本番に注意力を保つのはほぼ不可能です。難解な専門学科の試験になれば、見直しする時間を確保できる人などほとんどいないことでしょう。
もちろん、一度もうっかりしたことのない人間などいません。
それでは、ケアレスミスは「どうしようもない失点」なのでしょうか?

いいえ、違います!
ケアレスミスは単に、思考方法の欠陥なのです!

ということは、
欠陥への対策を行うことで、確実にケアレスミスはなくなります!!

ケアレスミスをなくす方法

それでは、実際にケアレスミスをなくす最良の方法を紹介しましょう。

①ケアレスミスを記録する
ケアレスミスは思考方法の欠陥と言いました。
つまり、自分の思考方法のどこに欠陥があるか見つけることができれば対策ができるのです。
そのために、普段の勉強の時から、自分がしてしまったケアレスミスを記録して残していきます。記録する場所はケアレスミス記録専用ノートや演習に使っているノートの裏表紙などがいいでしょう。
その際、ただ自分がしたミスをそのまま書き写すのではなく、どのようなミスなのか大きくパターン分けして記録します。同じミスをすれば、その回数を残していきましょう。

12_1_2_27156765940_o

ケアレスミスを記録していくうちに、自分がよくするケアレスミスが明らかになってきます。この頻繁に起こすケアレスミスこそ”思考方法の欠陥”なのです。

上の例では、『代入時の符号ミス』が一番多いケアレスミスということが分かりました!

②自分がよくしてしまうケアレスミスをなくす具体的な行動を考える
ケアレスミスを記録することで、自分の”思考方法の欠陥”が分かりました。しかし、「分かった」だけでは、ケアレスミスはなくなりません。気をつけなければいけないのは、「分かったから後はそれを注意すればいいだけ!」と思ってしまうことです。
ここで、大事なのは、『具体的な行動』ということです。
上の例の場合は、次の図のようになります。

12_1_3_27156770590_o

このようにケアレスミスをなくす具体的な行動を決めることで、思考とは関係なく、その行動を実行するだけでケアレスミスが勝手に起こらないようになります。つまり、『具体的な行動』で『思考の欠陥』を補うのです!

ケアレスミスを制する者が受験を制する

数学で最も点数を落とす理由はケアレスミスです。
つまり、逆にいえば、ケアレスミスさけなくなれば飛躍的にテストの点数が上がります!!
「気を付ける」だけではなく、具体的な対策を打って、厄介なケアレスミスをなくしましょう!

Pocket

カテゴリー:学習コラム

ここからが本番の受検勉強
後悔しないために、今すぐ正しい対策を

27869793413_4fa3ba64a9_o
当記事は、京都にある「堀川・西京・嵯峨野・桃山高校」専門学科入試専門塾のリングアカデミー講師陣が執筆しています。

堀川高校探究科、西京高校エンタープライジング科、嵯峨野こすもす科、桃山自然科学科の受検を考えている皆様へ
リングアカデミーは「専門学科対策用の特別授業」を実施します。
各回申込式のため自分の苦手に合わせた受講が可能です。また、現在通われている塾との併用も可能です。
少しでも興味を持たれましたら、お気軽にご参加いただければ幸いです。
※直前のご連絡でも問題ございません。
リングアカデミーHP

LINE

LINE@のアカウントと友達になれば、まなべーと記事の更新情報をいち早く受け取ることができます。

PCから登録

スマホ・タブレットから登録