学習コラム

京大生に聞いた!!ノートvsルーズリーフ!!

16_1_27864467915_o

こんにちは!あと1年もしないうちに華の高校生活が始まりますね!
さて今回は、勉強には欠かせない板書についてのコラムです。
高校での勉強でノートを使うべきか、ルーズリーフを使うべきか・・・みんなどうするのかな?って周りを伺ってみたり、実は気になるところなんです。
そこで京大生にそれぞれのメリットデメリットを聞いてみたので、検証していきたいと思います!

ノートのメリット・デメリット

おそらく中学生活でほとんどの人が使っているであろうノート。最近はキャラクターやブランドとコラボしたものもたくさんあって、モチベーションが上がりますよね!!
そんなノートのメリットデメリットを考えてみましょう!

*メリット

・No.1、No.2・・・とノートがたまっていく達成感。今までの頑張りが冊数に表れてくれるので頑張るモチベーションになる!
・1冊にまとまっているのでバラバラになることはない
・ルーズリーフよりも温かみがある
・自分にあったものや好みのものを選べるので勉強のやる気や効率があがる

*デメリット

・いるところだけを持ち運べない
・紙の枚数が決まっているため1冊だとまとまりきらない場合がある
・プリントや資料を一緒にまとめるにはサイズや量など限界がある

ルーズリーフのメリット・デメリット

お次はルーズリーフ!なんとなく、大人っぽいイメージありません?笑 大学生がよく使っているイメージのルーズリーフ!こちらもメリットデメリットを挙げてみましょう!

*メリット

・ノートではまとめられない量のものもまとめられる、つまり限界がない
・順番を変えられる
・コピー機を使うことでルーズリーフに印刷ができる
・たくさんの資料があってもリフィルにいれてはさんだり、ルーズリーフ用の穴あけパンチを使えば管理可能!

*デメリット

・ちゃんとファイルに挟まないとバラバラになる
・なくす人続出
・几帳面な人じゃないと向いていない
・意外とファイルがかさばる

結論

ノートにもルーズリーフにもそれぞれの良さがありますね。用途と自分の向き不向きを考えて使い分けることが大切でしょう。
ただ京大生に聞いてみた感じでは、バラバラとなくしてしまうということからノート派の方が多かったです。
確かにせっかく書いたものを無くしてしまっては元も子もないので、ルーズリーフを使う際にはしっかりと管理しましょうね!

ちなみにこちら、ノート派京大生Yさんが高3時に数学の問題集を7周した成果です。

16_2_27647797162_o

Pocket

カテゴリー:学習コラム

最新情報

ここからが本番の受検勉強
後悔しないために、今すぐ正しい対策を

27869793413_4fa3ba64a9_o
当記事は、京都にある「堀川・西京・嵯峨野・桃山高校」専門学科入試専門塾のリングアカデミー講師陣が執筆しています。

堀川高校探究科、西京高校エンタープライジング科、嵯峨野こすもす科、桃山自然科学科の受検を考えている皆様へ
リングアカデミーは「専門学科対策用の特別授業」を実施します。
各回申込式のため自分の苦手に合わせた受講が可能です。また、現在通われている塾との併用も可能です。
少しでも興味を持たれましたら、お気軽にご参加いただければ幸いです。
※直前のご連絡でも問題ございません。
リングアカデミーHP

LINE

LINE@のアカウントと友達になれば、まなべーと記事の更新情報をいち早く受け取ることができます。

PCから登録

スマホ・タブレットから登録