学習コラム

「カロリー消費」はダイエット効果だけではない?!集中力アップの鍵だった!

(元記事)

http://jp.wsj.com/news/articles/SB10852749850658553280504582111562499825048?mod=trending_now_5
(ウォールストリート・ジャーナルから)

19_2_27258082253_o

座るより立つほうが集中力アップ?!

勉強に関する悩みとして常について回る「集中力」
勉強中眠たくなるのも、気が散ってマンガを読み始めてしまうのも、「集中力が欠けている」ことが原因となっています。

どうしたらこの元凶をやっつけられるのでしょう…?

どうやら、「体を動かすこと」がその鍵を握っているようです。

今回紹介する記事では「座って仕事をするよりも立って仕事をした方が生産性が上がった」というアメリカのある大学による研究結果を載せています。

ええ!立ったままなんて足だるくなりそうだし、座って勉強するのが長年人類が築いてきたスタイルなんじゃないんかい…!

そう思うのも不思議ではありませんし、確かに、勉強中ずっと立っているわけにはいきませんね。

実際記事にはこう書かれています。
「静的に立っているだけでは、静的に座っているだけとそれほど変わらない」

(ちなみに英語版では「Statically standing is not much better than statically sitting.」となっていますが訳せるでしょうか? ※statically=静的な
直訳すると、静的に立つことは静的に座ることよりもはるかによいということはない、ですね。動名詞と比較の構文を含む一文です!)

つまり、立って仕事をするということ自体が最も重要なのではなく、何かしら体を動かすことが集中力アップにつながると言っているのですね。
座って勉強していても、伸びをしたり肩をほぐしたり…
そんな息抜きが実は集中力アップには重要なようです。

勉強の合間に積極的に体を動かそう!

筆者は大学受験を控えた高3の夏、毎朝6時台に起きてラジオ体操をしていました。
これも一日のスタートに体を動かすことで全身に血がめぐり、朝からスッキリ勉強をスタートすることにつながっていたのかもしれませんね。

中学三年生のみなさんの中には、これから部活を引退し、急に体を動かす機会が減るという人もいると思います。
そのために体を動かしたくてムズムズする…!という人はもちろん、普段から運動に馴染みのない人も、休憩中はトイレに行くなど足を動かす、首を回す、思いっきり伸びをする…
と、試してみてはいかがでしょうか?

「カロリー消費」はダイエットを連想させますが、実は私たちの悩みの種「集中力」アップの鍵でもあったようです。

Pocket

カテゴリー:学習コラム

最新情報

ここからが本番の受検勉強
後悔しないために、今すぐ正しい対策を

27869793413_4fa3ba64a9_o
当記事は、京都にある「堀川・西京・嵯峨野・桃山高校」専門学科入試専門塾のリングアカデミー講師陣が執筆しています。

堀川高校探究科、西京高校エンタープライジング科、嵯峨野こすもす科、桃山自然科学科の受検を考えている皆様へ
リングアカデミーは「専門学科対策用の特別授業」を実施します。
各回申込式のため自分の苦手に合わせた受講が可能です。また、現在通われている塾との併用も可能です。
少しでも興味を持たれましたら、お気軽にご参加いただければ幸いです。
※直前のご連絡でも問題ございません。
リングアカデミーHP

LINE

LINE@のアカウントと友達になれば、まなべーと記事の更新情報をいち早く受け取ることができます。

PCから登録

スマホ・タブレットから登録