学習コラム

ダラけるには原因があった!夏を制する上手な計画の立て方

calendar-app-business-time-management-workspace-picjumbo-com

迫る勝負の夏

いよいよ、夏休み。受検の天王山。
志望する専門学科に向けての勉強計画は、しっかり立てられていますでしょうか?

今回のコラムでは、「そろそろ勉強しないとヤバいな…。」と思い始めているのに、なぜか勉強のやる気が出ない、スイッチが入らない受検生のために、「モチベーションが維持できる勉強計画」を立てるコツをお伝えします!

やる気が湧かない落とし穴=計画の「具体性」と「実現性」の欠如

何となく焦りや不安はあるのに、いざ実際に勉強に踏み出すとなると足踏みしてしまう。そんな経験はありませんか?実は、やる気がわかない理由は大きく分けて以下の3つに大別されます。

①「危機感」の欠如:「勉強やらなきゃ…」という気持ちがそもそもない。
②「具体性」の欠如:「何をやるのか」が明確に決まっていない。
③「実現性」の欠如:「やると決めた量」があまりに多すぎる。

①の「危機感」は、大抵の受検生が持っているものとして、実は②の「具体性」が曖昧で、③の「実現性」が低いからこそ、勉強のモチベーションが上がらない場合が多いのです。
逆に言うと、「具体性」と「実現性」を高めた勉強計画を立てることができれば、飛躍的にやる気がアップし、勉強時間と質の増加につなげることができます。

今回のコラムでは、計画を立てる上で「具体性」と「実現性」を高めるポイントをお伝えいたします。

「視覚化」と「高望みからの脱却」がポイント!

「具体化」を高めるコツ

「何を」「いつまでに」「どのくらいやるか」を明確化する。

科目ごとに、この夏に具体的に「どのような教材をやるのか」、「いつまでにそれをやり切るのか」、「どのページのどの問題を、何回やるのか」を、とにかく決めてみましょう。
以下に良い計画と悪い計画の例を挙げておきます。

・Aさん(良い例:具体性が高い計画)
夏休みの前半で数学の1・2年内容の総復習をしておきたいので、7/23からの2週間で、「近畿の高校入試」のp3~p57の問題を1周解ききる。

・Bさん(悪い例:具体性が曖昧な計画)
夏休み中に数学の総復習をしておきたいので、問題集で毎日演習をたくさん積む。

いかがでしょうか?
Aさんの計画の方が「具体性」が高く、取り組むイメージが「視覚化」されていると思います。
計画を紙に書き、常に確認できるように持ち運んだり、勉強机から見える位置に貼ったりするのも効果的!

「実現性」を高めるコツ

「高望み」を捨て去る勇気を持つ。

受検勉強だから、めちゃくちゃ大量にやらなきゃ。。。
そう意気込むのは結構ですが、あまり自分を追い込みすぎても辛いもの。そんな高望みは捨て去ってしまい、できることから始めましょう。
例えば、
計画の「予備日」を作る。
計画を立てるときに、月~土の6日間で1週間のノルマを決める、日曜日は達成できなかったノルマを調整したり、それらの復習に充てる日とする。など、余裕を持った計画を立ててみてはいかがでしょうか。
また、「1日1ページからやり始めてみる」というのも案外効果的。最初から高すぎるハードルを設定して「できなかった…。」とやる気が下がるぐらいなら、最初から高望みせず「まずは1日1ページ!」と決めて、「飛び越える楽しさ」を知ることです。その上で自らの限界を把握し、それをだんだん拡げていったらいい、ぐらいの気持ちで大丈夫です。

余談ですが、自分が「やったこと」を手帳に書き残したり、問題集の隅に取り組んだ日付を残していくことも、やる気を保つためのちょっとしたコツです。
ふと見返したとき、「自分はこんなにやったんだ!」という自信にもなるし、「もっとやらないと…!」という危機感にもつながることでしょう。

さあ、今動き出しましょう!

いかがでしょうか?
「具体性」と「実現性」を高めることが、夏の受検勉強の出来を左右すると言っても過言ではありません。やる気の“引き金”を自ら引き、専門学科合格のために動き出すのは今しかありませんよ!

Pocket

カテゴリー:学習コラム

最新情報

ここからが本番の受検勉強
後悔しないために、今すぐ正しい対策を

27869793413_4fa3ba64a9_o
当記事は、京都にある「堀川・西京・嵯峨野・桃山高校」専門学科入試専門塾のリングアカデミー講師陣が執筆しています。

堀川高校探究科、西京高校エンタープライジング科、嵯峨野こすもす科、桃山自然科学科の受検を考えている皆様へ
リングアカデミーは「専門学科対策用の特別授業」を実施します。
各回申込式のため自分の苦手に合わせた受講が可能です。また、現在通われている塾との併用も可能です。
少しでも興味を持たれましたら、お気軽にご参加いただければ幸いです。
※直前のご連絡でも問題ございません。
リングアカデミーHP

LINE

LINE@のアカウントと友達になれば、まなべーと記事の更新情報をいち早く受け取ることができます。

PCから登録

スマホ・タブレットから登録