至極の一問

昨年度合否を左右した一題!嵯峨野理科の「差がつく問題」って?

「受検の天王山」とも言われるほど、受検生にとって勝負の時期である夏がやってきました。

学校ごとの説明会も頻繁に開催される時期になり、皆さんのほとんどは、より一層身の引き締まる思いがしていることでしょう!

 夏を制する者は受検を制する。

天王山

部活をやっている人もやっていない人も関係なく、夏にどれだけ頑張れるかが合否を半分以上左右します。 それはなぜか。

受検直前の時期に頑張るのは当然のことで、その時期はほかの受検生も頑張るので、あまり差をつけることはできません。

また、夏休みはまとまった時間をとれる最大の機会でもあり、その半面、自分で長期的な学習予定の管理をしないといけないので、勉強量が人によって大きく異なります。

さて、ここまでで夏の勉強の重要性を散々説いてきましたが、皆さんは夏の学習予定を明確にできていますか? 夏休みを終えて、一回りも二回りも成長した自分をイメージできますか? ここまで読んだ人ならば、「漠然と夏休みを過ごしたらやばいな…」と感じているはずです。

さて、そろそろ本題に入りましょう!

嵯峨野理科の差がつく問題の分析

今回は昨年度の嵯峨野理科の「差がつく問題」を分析することで、今後の勉強の指針を明確にしていきます!

大問4(6) 純金よりも密度の小さい金属が王冠に混ぜられている場合、王冠と、王冠と同じ重さの純金を、それぞればねはかりにつるして水槽内の水に入れたときに、予想される結果を答え、その理由を簡潔に述べよ。(一部編集)

昨年度の嵯峨野理科において、解けた人と解けなかった人で大きく差がついたであろう問題です。 実際はこの問題は単体で出題されたわけではなく、前問と関係するような形で出題されていました。

嵯峨野理科の特徴は、それほど際立って難解な問題が多くないことです。 その中で、上記の問題は、比較的難易度も高く、ほかの問題と比べて正答率も低かったと予想されます。 でも、実は「浮力」がどういうものなのか、ということさえわかっていれば簡単に解ける問題です。

 基本を侮ることなかれ

 ここで強く言っておきたいのは、基本をおろそかにする受検生がいかに多いかということ。

今回は「差がつく問題」をピックアップしましたが、本番で合否を分ける問題は、案外みんなが解けそうな問題であることが多いです!

そこで、この夏は基本知識を「きちんと」定着させることを目標に勉強してはいかがでしょうか?

 

 

今週末の7/17(日)のリングアカデミーの講座では、堀川・西京・桃山の専門学科理科とも比較しつつ、夏の勉強の指針をより具体的に提示します!

嵯峨野志望者だけでなく、ほかの専門学科志望者も、夏を有意義に過ごすための準備を一緒にしませんか?

 

<画像引用リンク>

・http://www.town.oyamazaki.kyoto.jp/contents_detail.php?frmId=8555

Pocket

カテゴリー:至極の一問

最新情報

ここからが本番の受検勉強
後悔しないために、今すぐ正しい対策を

27869793413_4fa3ba64a9_o
当記事は、京都にある「堀川・西京・嵯峨野・桃山高校」専門学科入試専門塾のリングアカデミー講師陣が執筆しています。

堀川高校探究科、西京高校エンタープライジング科、嵯峨野こすもす科、桃山自然科学科の受検を考えている皆様へ
リングアカデミーは「専門学科対策用の特別授業」を実施します。
各回申込式のため自分の苦手に合わせた受講が可能です。また、現在通われている塾との併用も可能です。
少しでも興味を持たれましたら、お気軽にご参加いただければ幸いです。
※直前のご連絡でも問題ございません。
リングアカデミーHP

LINE

LINE@のアカウントと友達になれば、まなべーと記事の更新情報をいち早く受け取ることができます。

PCから登録

スマホ・タブレットから登録