堀川生

二兎を追え!勉強だけじゃない、堀川での高校生活 ~後編~

~前編はこちらから〜

日本人は8割、豪州人は3割?文化の違いを知った海外研修

-ところで、海外研修があったと言っていましたが、何を研究したんですか?

それに関してなんですけど、2種類のアイスで食べたいものが被ってしまった時に何をしますか?

-じゃんけんとか?

そう、じゃんけんですよね!日本人はこの場面で8割がじゃんけんを選ぶことが、アンケートで分かりました。でも、オーストラリア人は3割なんです!残りは、「私がそのアイスが良い理由をプレゼンする」などがあり、考え方の違いが大きく見受けられ驚きました。

私は、堀川の海外研修で「なぜ日本人はじゃんけんでものを決めがちなのか」というテーマで文化の違いについて調べました。

この海外研修で、理系の人の一部は、アメリカのNASAに行ってたりと、かなり魅力的なものばかりです。
また私は、自分のテーマの研究だけでなく、海外研修委員として班分け・現地でのタイムスケジュール決めなどの仕事があり、とても有益な活動でしたね。

pic6_28582720372_o

周りの人の支えに感謝

-受検勉強において何が支えになりましたか?

そうですね、周りの人の支えられたことが大きかったと思います。

私はHSS(現リングアカデミー)の集団授業を受けていたのですが、問題演習だけでなく、具体的なテクニックを教えてもらって、「これ使える!」というのが自信につながったと思います。
集団授業なので、周りには同じレベルを目指す仲間でありライバルがいました。
その中で勉強するのはすごく刺激になりましたね。

pic7_28072753733_o

一方で、やっぱり負い目を感じる部分もあったのですが、その不安を個別指導の方で聞いてもらっていたのが大きかったです。
先生と話すことで「よし頑張ろう!」って。
また、各科目の目標点を一緒に決めて、苦手だった数学や理科について、何を、どれくらい勉強したらいいのかを一緒に考えてもらいました。

 

-先生の支えというのが大きかったのですね。

はい、本当に大きかったと思います。それと中学校では、内部進学する友達が、高校受検に挑戦する私に「祈合格」というメッセージカードをくれたんです。今でも宝物です。

pic8_28071593764_o

-なぜ、周りの人がそんなにも支えてくれたのだと思いますか?

うーん…自分が頑張っていたから周りも支えてくれてくれた、というのはあったのかもしれないです。

「頑張る」ことで「楽しめる」

-後輩へのメッセージがあればどうぞ!

頑張ることは楽しいことなんです。部活にしろ、海外研修にしろ、勉強も同じで、頑張って取り組み、密度の濃い時間を過ごすことで楽しいと感じることができると思います。ぜひ堀川に来て、勉強だけでなく、いろんなことを頑張りましょう!

Pocket

カテゴリー:堀川生

最新情報

ここからが本番の受検勉強
後悔しないために、今すぐ正しい対策を

27869793413_4fa3ba64a9_o
当記事は、京都にある「堀川・西京・嵯峨野・桃山高校」専門学科入試専門塾のリングアカデミー講師陣が執筆しています。

堀川高校探究科、西京高校エンタープライジング科、嵯峨野こすもす科、桃山自然科学科の受検を考えている皆様へ
リングアカデミーは「専門学科対策用の特別授業」を実施します。
各回申込式のため自分の苦手に合わせた受講が可能です。また、現在通われている塾との併用も可能です。
少しでも興味を持たれましたら、お気軽にご参加いただければ幸いです。
※直前のご連絡でも問題ございません。
リングアカデミーHP

LINE

LINE@のアカウントと友達になれば、まなべーと記事の更新情報をいち早く受け取ることができます。

PCから登録

スマホ・タブレットから登録