学習コラム

記述問題に苦しむ受験生必見!2つの「記述対策法」で迷わず書けるようになる!

中学3年生の皆さんは、そろそろ過去問演習をスタートしている時期でしょうか?

この時期多くの受験生が苦しむのが、国語の「記述問題」

「ぜんぜんどう解いていいか分からないし、丸つけも復習もどうしていいか分からない!」

そんな悩みをよく耳にします。

今日は「なんとなく」に頼らず、正しく記述力をつけていくためのコツをご紹介していきます!

「なんとなく解いた」禁止

まだまだ「国語ってセンスでしょ?」って思っている人や、「国語はいっつもなんとなく解いてる」という人が多いと思います。

リングアカデミーの講義を受けてくれている人は、徐々にその感覚が薄れてきているかと思いますが、実際まだまだ難しいですね。

そこで誰でも手っ取り早く、国語を論理的に解く方法を2つお教えします!

30150830920_ecc42bf7cd_o

①字数から逆算せよ

記述問題の多くは「〇〇字以内」という制限がついています。

「字数が多くていやだなあ」とついつい思ってしまいがちですが、実はこの「字数」はヒントとして活用することができます。 その方法はいたってカンタン!

制限字数を見たときは、必ず「字数÷20」をしてみましょう。

すると、記述答案の部分点要素の個数が商として現れてくるのです。

たとえば「60字以内」という制限を見た時は…「20」で割ると「3」。つまり、部分点要素が3つあるということです。

普段からこうして、要素の個数を逆算して意識しながら記述問題に取り掛かると、うっかり要素を落としてしまったり、逆に深く悩み過ぎてしまったりすることなく、効率的に取り組むことが出来るようになります。

②引用元をマークせよ

そして部分点個数が逆算出来た後は、いよいよ本文から手がかりを探していくことになります。

その時気を付けてほしいのは、必ず「引用元」をマークしておくこと

面倒に思われるかもしれませんが、ココでマークを残しておくと、〇つけの精度が格段にアップするのです。

みなさんは普段〇つけをする時、「これで正解なのかよくわからん!」と思う瞬間はありませんか?

日本語はいろいろな表現が可能なので、答案だけ見ているとこうなってしまうのは当然です。

ではどうすればよいか?

まずは模範解答を見て、解答が引用している箇所にマークをつけてみてください。

そしてそのマークの箇所が自分の箇所と一致しているかを見てみましょう。

一緒であれば、多少表現が違っても、正しく理解できている証拠。〇にしてOKです。 ズレていたり不足していたりする場合は、自分に見落としがあった証拠。なぜその部分が答えになるのかを考えてみましょう。

2つの方法を使って、効率よく対策!

以上2つの方法を紹介しました!

日頃の学習の質をアップさせていくため、また見たことの無い問題でも確実に点数が取れるようにするため、ぜひ心がけてくださいね。

この2つ以外にも、細かなテクニックや注意点が盛りだくさん。 特に記述がニガテだという皆さんは、”専門学科対策の専門塾、リングアカデミー“の『11/6(日)採点官はココを見る!赤ペン添削記述ゼミ(※終了) 』がオススメです。 答案を直接添削しながら、自分に合ったアドバイスを受け、完璧にマスターしましょう!

Pocket

カテゴリー:学習コラム

最新情報

ここからが本番の受検勉強
後悔しないために、今すぐ正しい対策を

27869793413_4fa3ba64a9_o
当記事は、京都にある「堀川・西京・嵯峨野・桃山高校」専門学科入試専門塾のリングアカデミー講師陣が執筆しています。

堀川高校探究科、西京高校エンタープライジング科、嵯峨野こすもす科、桃山自然科学科の受検を考えている皆様へ
リングアカデミーは「専門学科対策用の特別授業」を実施します。
各回申込式のため自分の苦手に合わせた受講が可能です。また、現在通われている塾との併用も可能です。
少しでも興味を持たれましたら、お気軽にご参加いただければ幸いです。
※直前のご連絡でも問題ございません。
リングアカデミーHP

LINE

LINE@のアカウントと友達になれば、まなべーと記事の更新情報をいち早く受け取ることができます。

PCから登録

スマホ・タブレットから登録