学校情報/入試情報

【速報】2017専門学科入試問題ー英語

速報!今年はどんな問題が出た?

2月16日と17日の二日間、平成29年度京都府公立高等学校入学者前期選抜が実施されました。

そこで、今年出題の各専門学科の特徴を表した一題をピックアップ!

’専門学科対策の専門塾リングアカデミー’英語講師が注目した、今年出題された問題はコレだ!

堀川高校探究科

本文中の空欄④に入る英文として最も適当なものとなるように,次のア~カを並べかえて記号で答えなさい。 

ア But your answer may be different from your real *grades.

イ How were your grades in junior high school?

ウ In the study, college students were asked to *recall their grades in high school.

エ The result of one study can *explain this difference.

オ The students' answers were checked with their real grades.

カ You can answer this question easily.

英語の傾向

堀川高校の問題は、リングアカデミーで対策している他の3校と比較してみても、かなり難しい問題となっています。特に、英語の難易度は高めであり、長く難解な文章とそれに関する設問は、形式はオーソドックスでありながら非常に解きづらいものとなっています。

2017年度出題・参考問題コメント

文章並び替えの選択肢問題です。「選択肢が英語表記である点」、「選択肢の多さ」、「難解な文章中の穴埋め」…。どの点から見ても、かなりの難易度です。こういった問題は、本文及び各選択肢の解釈をするための英文読解力は当然のこと、選択肢中のキーワード(「指示語」「定冠詞the」など)に注目するテクニックが必要になってきます。

西京高校エンタープライジング科

次の質問に対し、それぞれ20語以上30語以内の英語で答えなさい。

(1) Do you agree or disagree with the following idea? Why or why not?
   "High school students should have their own computers at school."

(2)  Do you agree or disagree with the following idea? Why or why not?
   "Children should learn how to use a computer at elementary school."

英語の傾向

西京高校の問題は、本文も設問も分量が多く、高い情報処理能力が必要となります。選択肢問題の各選択肢が英語で書かれており、本文に加えて設問でも英語を読む必要が出てきます。

2017年度出題・参考問題コメント

意見英作文問題です。西京でここ数年毎年出題されている問題です。「20語~30語の英語で答える点」、「自分の意見を考えて書く必要がある点」が特徴です。 「主張→理由」が論理的につながっているか、その理由に説得力のある具体例を入れることができるかが攻略のポイントになってきます。また、英作文のテーマは本文の内容を踏まえているので、本文の流れをある程度取り入れる必要があります。

嵯峨野高校京都こすもす科

本文の後、次の英文が続く。これを読んで、あなたははMarcoがどうすると思うか。本文の内容を踏まえて、彼の行動と、あなたがそう思った理由を40~50語の英語で書け。
The next day the Count sent messages to the best artists in the country,...

英語の傾向

嵯峨野高校の問題は、長文問題からリスニングや英作文といった非常に多様な6つの大問で構成されており、英語の総合力を問うような作りになっています。また、難易度は、専門学科英語の中では「やや難」であり、中学英語の基本をどれだけ徹底して身に付けられているかが大事な要素となります。

2017年度出題・参考問題コメント

嵯峨野特有の英作文問題です。「物語の続きである点」と「要求される文字数の多さ」が特徴です。物語の続きを書く必要があるため、本文の「起承転結」を明白に理解していることに加え、正確な英文法を用いて長い文章を書く力が要求されます。また、今年度の傾向としては、書いた内容に対しての理由付けが求められています。本文の流れを汲んだ上での英作をする必要性が増した、と捉えられるでしょう。

桃山高校自然科学科

A~Dに入る最も適当なものはどれか、次の(ア)~(エ)からそれぞれ1つずつ選び、記号で書きなさい。

(編集の都合上Cのみ本文抜粋) Even if you don't have food, you can still live for a few weeks with just water. ( C ), if you don't have water, you will die four or five days later.

(ア)However (イ)For example (ウ)So (エ)Also

英語の傾向

桃山高校の問題は、自然科学科という理系に特化した学科の入試問題となっているため、英語の長文の内容も科学的な内容であり、論理的思考・文法理解がバランスよく問われます。

2017年度出題・参考問題コメント

接続詞の挿入問題です。「難解な文章中の穴埋めである点」、「文章の各所に散りばめられている点」が特徴となっています。理系特化型入試であるため、論理的な思考力が問われています。「言い換え」「対比」「因果」「付け加え」この4つの論理展開を接続詞と一緒に捉えておきましょう。今後は、論理とは何か、英文がどのように展開されるかを知る必要があります。

まとめ

どの高校も専門学科らしい、一ひねりありながらも実力を問う問題となっていました。

より詳しい講評は近日公開! ‘専門学科対策の専門塾リングアカデミー’の講師が、詳しい分析を大公開します。

来年、再来年の受検を控える中2、中1の皆さんは必見!乞うご期待!

 

▼他の教科については、以下よりチェック!

理科・自然科学 

国語 

社会・人文社会 

数学
Pocket

カテゴリー:学校情報/入試情報

最新情報

ここからが本番の受検勉強
後悔しないために、今すぐ正しい対策を

27869793413_4fa3ba64a9_o
当記事は、京都にある「堀川・西京・嵯峨野・桃山高校」専門学科入試専門塾のリングアカデミー講師陣が執筆しています。

堀川高校探究科、西京高校エンタープライジング科、嵯峨野こすもす科、桃山自然科学科の受検を考えている皆様へ
リングアカデミーは「専門学科対策用の特別授業」を実施します。
各回申込式のため自分の苦手に合わせた受講が可能です。また、現在通われている塾との併用も可能です。
少しでも興味を持たれましたら、お気軽にご参加いただければ幸いです。
※直前のご連絡でも問題ございません。
リングアカデミーHP

LINE

LINE@のアカウントと友達になれば、まなべーと記事の更新情報をいち早く受け取ることができます。

PCから登録

スマホ・タブレットから登録