受験コラム

英単語の暗記が苦手な高校生にオススメする、“紙辞書”勉強法

辞書

皆さんは、英文を読んでいて分からない単語が出てきたとき、何を使ってその意味を調べますか?

おそらく今の時代、電子辞書を使う人が多いのではないかと思います。

しかし筆者は高校3年間、ずっと英単語の意味を調べる際には、紙辞書を使っていました。

今思えばとてもアナログな人間だったなと思いますが、実際にこの方法を使用したからこそ、英語を一番の得意科目にすることができたと確信しています。

さらに、紙辞書を使って英語を勉強していた筆者は、実は高校3年間で単語帳をまともに使用したことがありません!にもかかわらず、単語の語彙力に不安を抱えたことは一度もありませんでした。

そんな私の「紙辞書」勉強法をご紹介します!

向いているのはこんな人!

 紙辞書を使うのに向いている人は経験上、以下のタイプに当てはまります。

・参考書に、線を引いたりメモを書くのが好きな人

・勉強の証を「形」にして残したい人

・紙をめくる音が好きな人(←私でした)

では、なぜこのような人たちが向いているのか、具体的なやり方と一緒に見ていきましょう!

用意するのは、好きな色の「マーカー」のみ!

マーカー

まずは、好きな色のマーカーを用意してください。1色でも、2色でも構いません。ちなみに筆者はその日の気分によってマーカーの色は変えていました。

やり方は簡単。英文を読んでいて少しでも分からない単語が出てくれば、辞書をめくりマーカーで線を引くだけ。本当に簡単でしょう?(笑)

実際に線を引いてみたページがこちらです。(「try」という単語を引いてみました)

S__138084372

高校レベルの英文を読み始めると、辞書のページはすぐに下のようになってきます。

S__138084371

「よく勉強している」感じが出ていますよね?(笑)

そう、ここがポイント!

単語を引けば引くほど、マーカーの引かれているページが増えていき、あなたの勉強の「証」が残っていくのです!

この領域に達したらもうこちらのもの。マーカーをどんどん引きたいという欲求で、とにかく「単語を引きまくって」しまうのです!

先ほどの、「向いている人」が実際に当てはまること、お分りいただけましたでしょうか?

「紙辞書」のメリット

この、ハマってしまう人は本当にハマってしまう紙辞書ですが、ちゃんとしたメリットも存在します。

①他のマーカー箇所を“つい”見てしまう

単語を引けば引くほど、マーカーを引いた部分が増えていきますね?

ある一つの単語を引いた際に、そのページに何か別の色があれば、「ついつい見てしまう」のが人間の特性です。

このように、1度で2度おいしいのが紙辞書のポイントです!

②何回も同じ単語を“引いてしまう”

筆者の場合、何か決まった単語帳は使っていなかったので、単語の意味が分からない時には基本辞書を引くことになります。

辞書をめくり、すでにマーカーが引いてある単語を引いてしまった時の「罪悪感」に似た感情はすさまじいものでした。

単語1語の話ではありますが、何か大事なものを忘れてしまっていたような気がして、「次こそは絶対に覚える!」と暗記に傾ける気持ちが2倍にも3倍にもなります。

まとめ

いかがだったでしょうか?

実際に紙辞書を引くのは「時間がかかる」「面倒だ」という点で敬遠してしまう人も多いかと思います。

筆者も最初は1単語を引くのに30〜40秒ほどかかっていましたが、2週間ほど引き続けていると5、6秒で引けるようになっていました。

単語帳での勉強が苦手という方には是非お試しいただきたいと思います!

最後に私が実際に使用していたオススメの辞書はコチラ!

この辞書の良い点は、「収録語彙数が圧倒的に多い」ということ(約10万語の語彙が収録されています)。よく高校で配布されるような辞書は、語彙数が少ないために、調べても意味が載っていないということもあります。なるべく、「語彙数が多い」辞書を選ぶのがオススメです!

また、初心者向けには収録語彙数6万語レベルの辞書もあるようです!こちらでも十分大学受験には事足ります!

大事なのは、「書店に行って自分の一番好きだと思う辞書を探すこと」!

是非、参考にしてみてください!

カテゴリー:受験コラム

最新情報

志望校合格へ
リジョイスで最高のスタートダッシュを!

rejoice_ad
当記事は、京都にある個別指導塾のリジョイス講師陣が執筆しています。

リジョイスでは現役京大生の中でも厳しい選考を通過し多岐にわたる研修を経た一流の講師陣が指導をしております。
講座は1コマ50分からお取りいただくくことができ、部活との両立や現在通われている集団塾との併用も可能です。
無料体験授業を実施しておりますので、少しでも興味を持たれましたら、お気軽にお申込み頂ければ幸いです。
リジョイス無料体験授業&進路面談

LINE

LINE@のアカウントと友達になれば、まなべーと記事の更新情報をいち早く受け取ることができます。

PCから登録

スマホ・タブレットから登録