至極の一問

二択なのに正答率0%?桃山自然科学に直結する至極の一題

0b0481c3e4f0aad0f591b5495fb36ab0_s
※本記事は、まなべーとを運営する専門学科の専門塾リングアカデミーの理科・自然科学科主任の渡邊先生が執筆しました。

「電磁誘導」を説明できる?

早速ですが、皆さんに質問です。

「電磁誘導」って説明できますか?

記事の続きは読まず、まずは1分以内で考えてください!

「んーコイルと磁石があって、なんか電流と磁界があってあ!あと右ねじの法則も関係してたような?」

こんな人が多いのではないでしょうか?

おそらく多くの人が当たらずとも遠からずな解答をしていることと思います。

正答率0%の二択問題にチャレンジ!

さっきの質問の答えもないまま次の話に移って、モヤモヤしている人もいるかもしれません。

後ほど答えは紹介しますので、一旦、次の問題を解いてみてください!

file1

file2

どうでしょうか?

05 秒間はア、510秒間はイ、あるいはその逆を答えている人が多いことでしょう。

答え合わせからしましょう。

この問題の正答は05 秒間はア、510秒間はイ」です!

結局、「電磁誘導」って?

さて、話を元に戻しましょうか。

電磁誘導とは、「磁界が変化すると、その変化を妨げる向きに磁界を発生させる電流を生じる」現象を言います。

間違えた人は右ねじの法則は使えたものの、「変化を妨げる向き」というポイントを外していた人が多いと思います。

(実際、リングアカデミーの授業でもヒントを出すまでは正答率0%でした!)

問題を具体的に見てみましょうか。

電流が増えているときは、「図の左側を向く」磁界が強くなります。

その変化を妨げるので、電磁誘導により、「図の右向きに」磁界が発生しますよね?

最後に、その方向に磁界を発生するときに流れる電流(これを誘導電流と言いましたね)を考えると、電流はアの向きに流れるわけです!

桃山自然科学入試は「基本事項を説明できること」が重要!

083932-150ppp

最初の質問を考えてみましょう!

「電磁誘導」って説明できますか?

中学2年生で答えられるはずの問題ですよね?

ただ、この語句の定義があいまいだったために、問題に答えられなかったわけです。

このことは他の分野にも言えることです!

桃山高校自然科学科の入試、更に言えば専門学科入試は、「基本事項を前提として」問題が作成されているので、基本事項が頭に入っていないと、太刀打ちできません。

1・中2生は今の段階から、基本事項を自分の言葉で説明できるかを11つ確認しながら、勉強に取り組めるといいですね!

受検生の皆さんもまだまだ遅くはありません。ただ、夏休み中には基本事項は説明しきれるのが理想!

今、自分でニガテだと感じている分野に関しては、今から教科書を開いて基本事項を確認しましょう!

桃山高校自然科学の過去問 

最後に、桃山高校で2015年度に出題された問題を掲載しておきます。

力試しに解いてみてください!(解答が気になる人は、赤本を見るか、リングアカデミーの先生に聞いてみましょう!)

file3

Pocket

カテゴリー:至極の一問

最新情報

ここからが本番の受検勉強
後悔しないために、今すぐ正しい対策を

27869793413_4fa3ba64a9_o
当記事は、京都にある「堀川・西京・嵯峨野・桃山高校」専門学科入試専門塾のリングアカデミー講師陣が執筆しています。

堀川高校探究科、西京高校エンタープライジング科、嵯峨野こすもす科、桃山自然科学科の受検を考えている皆様へ
リングアカデミーは「専門学科対策用の特別授業」を実施します。
各回申込式のため自分の苦手に合わせた受講が可能です。また、現在通われている塾との併用も可能です。
少しでも興味を持たれましたら、お気軽にご参加いただければ幸いです。
※直前のご連絡でも問題ございません。
リングアカデミーHP

LINE

LINE@のアカウントと友達になれば、まなべーと記事の更新情報をいち早く受け取ることができます。

PCから登録

スマホ・タブレットから登録