学校情報/入試情報

2018年度桃山高校自然科学科−入試問題速報

※新中3・2生徒向け記事

今年の桃山自然科学科の入試問題を発表!

2018年2月16日、平成30年度京都府公立高等学校入学者前期選抜が行われました。

専門学科専門塾’リングアカデミーは、今年も桃山高校自然科学科の出題問題をいち早く分析!

※昨年度の入試問題はこちら。

【速報】2017専門学科入試問題—英語

【速報】2017専門学科入試問題—数学

【速報】2017専門学科入試問題—国語

【速報】2017専門学科入試問題—理科

【速報】2017専門学科入試問題—社会

 

 

英語

【問題】

本文中の下線部の内容について、具体的に日本語で述べなさい。

 

【本文】

In the first experiment, you need a stove, a sauce pan, two eggs, and a table. First, bring a sauce pan of water and put one of the eggs in it. Next, boil the egg for 15 minutes and take it out of the sauce pan. Put the hardboiled egg and the raw egg on a table. Spin the raw egg and watch how it spins. Do the same with the hardboiled egg. Which egg spins faster?

 

【全訳】

最初の実験では、ガスレンジ、片手鍋、2つの卵、テーブルが必要となります。最初に、水の入った鍋を持ってきて、その中に卵の一つを入れてください。次に、卵を15分間沸かし、片手鍋から取り出します。ゆで卵と生卵をテーブルに置きます。生卵を回転させ、それがどのように回転するのかを見てください。ゆで卵に同じことをしてください。どっちの卵がより速く回転しますか?

 

桃山英語・今年の問題の特徴

ゆで卵と生卵のどちらが良く回転するか、お家で試したことありますか?

大丈夫。仮に試したことのない人でも解けます!英語の問題では、深い背景知識は必要ありません。

 

この問題は、桃山らしい実験に関する説明記述問題ですね。

まず記述問題は、根拠になる文を本文中から探しましょう。勝手に自分で推測して書くと、満点はもらえません。

下線部を訳すと、

(生卵にしたことと)「同じこと」をゆで卵にしてください。

この「同じこと」は、前の文に書いてあります。

Spin the raw egg and watch how it spins.

(生卵を回転させ、それがどう回転するかを見なさい。)

この文の「生卵」を「ゆで卵」に置き換えれば良いだけですね。

 

つまり解答は、

回転させて、どのように回転するかを観察する。

となります。

 

このように本文に書かれていることを利用して解答を作成することが重要なポイントになります。

 

桃山英語・2018年度の傾向

桃山英語の最大の特徴は、

テーマ導入→実験方法→結果→考察→結論

の流れに沿った内容理解を問われることです。

自然科学科という名の通り、「理系」らしい思考順序で考えられているかがポイントと言えますね。

それと同時に、会話文問題や文法・英作文問題もバランスよく設けられており、語彙力・読解力・文法力をバランスよく伸ばしておく必要があります。

リングアカデミーの「志望校別対策講座」で、桃山らしい問題を解くコツをマスターしてもらう予定ですので、ご期待ください!

 

※専門学科専門塾’リングアカデミー‘英語科 門宮先生が講評しました。

 

国語

 

二 (5)

本文中の C朱雀門のあたりにて得たりけるとこそ聞け の解釈として、最も適当なものを、次のア~オから一つ選び、記号で答えなさい。

 

ア 朱雀門あたりで笛を手に入れたと聞いた。

イ 朱雀門あたりで笛を手に入れたかどうか聞いてきなさい。

ウ 朱雀門あたりで笛を手に入れた場所を聞いた。

エ 朱雀門あたりで笛吹きに出会ったかどうか聞いてきなさい。

オ 朱雀門あたりで笛を吹く技術を教えられたときいたか。

 

桃山国語・今年の問題の特徴

 

桃山古文では、長い記述問題などは出されないものの、古文を正しく解釈できるかが毎年問われています。傍線部の解釈が正しくできるだけではなく、本文全体の内容を把握できているかの問題も出るので、古文を読むための最低限の知識と、古文を読む機会をたくさん持っておくことが重要です。

 

桃山国語・2018年度の傾向

 

全体として傾向に変化はありませんでした。

現代文は分量が多く、「科学」や「思想・哲学」などをはじめとし、幅広い分野から出題されています。本年度も「化け物」を手掛かりに、「宗教」「科学」「芸術」について論じる文章が出題されました。問われる内容も多岐にわたり、語彙・文法知識から、一つの選択肢が数行にわたる選択問題、百二十~百三十字という非常に長い記述問題まで、さまざまな知識と解答力を磨いていく必用がありそうです。

 

※専門学科専門塾’リングアカデミー‘国語科 坂上先生が講評しました。

 

自然科学

1 問7

メタンとプロパン、そして石油について排出CO2の量を比較してみよう。例えば各燃料を燃焼させた場合、排出CO2の量と発生した熱エネルギーの関係は、以下の表1のようであった。等しい排出CO2の量では発生した熱エネルギーが多いほど有効な燃料ということになる。

ここで、排出CO2の量を一定値(100g)にするために表1の数値を換算し直したものが表2である。表2のケ〜サに当てはまる数値を答えなさい。

 

表1  燃料別の排出CO2の量と発生熱エネルギー

燃料の種類

燃料の化学式

排出CO2の量(注2)

〔g〕

発生熱エネルギー(注2)

〔kJ〕

メタン

CH4

55

880

プロパン

C3H8

160

2400

石油(注1)

C7H16

300

4200

注1)石油の代表的な物質の化学式をC7H16とする。

注2)排出CO2の量と発生熱エネルギーは計算し易い値に修正している。

 

表2  燃料別の排出CO2の量<排出CO2の量を100gに換算した場合>

燃料の種類

燃料の化学式

排出CO2の量(注2)

〔g〕

発生熱エネルギー(注2)

〔kJ〕

メタン

CH4

100

プロパン

C3H8

100

石油(注1)

C7H16

100

 

桃山自然科学・今年の問題の特徴

今回選んだ問題は、例年の桃山自然科学で最も特徴的な、「数値を用いて自然現象をひもとく」タイプの問題です。(なお、2018年度入試では、そのような傾向が際立つ問題が大問3つ中1つしかありませんでした。そのため、後述のように、 2017年度入試より易しくなっていたように思われます。)

単位量あたりの大きさで考え直す問題ですが、これは桃山自然科学の化学分野で4年連続問われている頻出のパターンで、その中では易しめの部類になります!こういった問題を解くには、市販の問題集だけではない「+αの自然科学科対策」が必要です。

桃山自然科学・2018年度の傾向

日常生活で起こっている「自然」現象を、中学で習う理科を用いて「科学」的に考察していくのが、桃山自然科学。 読解によって理解させることが多い堀川と比べると、数値を用いて現象を理解させる方が多いのも大きな特徴です。特に2018年度入試は計算問題の比率が非常に高くなっていました。

ただ、2018年度入試は、難化した2017年度入試と比べると、易しくなったように感じた受検生が多いのではないでしょうか。

 

※専門学科専門塾’リングアカデミー‘理科・自然科学科 渡邊先生が講評しました。

 

数学

スクリーンショット 2018-02-25 2.51.06

桃山数学・この問題の特徴

今回選んだ問題は、近年出題が増えた「資料の活用」の分野の問題です。桃山では2年連続出題されております。「資料の活用」は、新指導要領でも重要視されており、今後の数学の大きなテーマとなるため、出題が増えるのも自然です。

【以下解説】

スクリーンショット 2018-02-25 2.38.45平均の求め方を正しく理解し、立式ができるかが大きなポイントとなるでしょう。(合計点)=(平均点)×(人数)という関係から立式することができれば(2)もすんなり解くことができます。

桃山数学・2018年度の傾向

大問数が多く、典型問題で構成されるのが桃山数学の特徴です。今年度は、「資料の活用」や「約束記号」、「二次方程式」など例年頻出の問題が出題され、全体として難易度も変化がなく、傾向通りという試験でした。問題数はかなり多いので、勉強量を多く積んで瞬時に解答方針を立て、ミスなく計算をこなし、答えを導くことができる受験生が合格を勝ち取ることができたでしょう。

※専門学科専門塾’リングアカデミー‘数学科 高木先生が講評しました。

 

専門学科専門塾’リングアカデミー‘が運営する中学まなべーとは京都公立専門学科を志望する中学生を応援します!

 

カテゴリー:学校情報/入試情報

最新情報

ここからが本番の受検勉強
後悔しないために、今すぐ正しい対策を

27869793413_4fa3ba64a9_o
当記事は、京都にある「堀川・西京・嵯峨野・桃山高校」専門学科入試専門塾のリングアカデミー講師陣が執筆しています。

堀川高校探究科、西京高校エンタープライジング科、嵯峨野こすもす科、桃山自然科学科の受検を考えている皆様へ
リングアカデミーは「専門学科対策用の特別授業」を実施します。
各回申込式のため自分の苦手に合わせた受講が可能です。また、現在通われている塾との併用も可能です。
少しでも興味を持たれましたら、お気軽にご参加いただければ幸いです。
※直前のご連絡でも問題ございません。
リングアカデミーHP

LINE

LINE@のアカウントと友達になれば、まなべーと記事の更新情報をいち早く受け取ることができます。

PCから登録

スマホ・タブレットから登録