堀川生

自分のペースを貫き堀川合格!自分の意志でチャレンジすることの大切さ

ふくもとくんアイキャッチ

堀川高校探究科に興味のある方へ

「入試分析報告会+専門学科4校(堀川・西京・嵯峨野・桃山)合格者によるトークライブ」を開催!

(詳細はこちらから)
2018年8/4(土)・8/12(日)両日開催リングアカデミー夏期特別イベント専門学科入試報告説明会

勉強だけじゃない堀川

―志望校いつどうやって決めましたか? 

志望校は中学一年生くらいから決めていました。中学は地元の公立中学で、高校受検はどうしても意識させられる感じで、家からの近さもあって、堀川が早い内から候補にありました。説明会は中1と中3で参加していました。

―実際入ってみて高校どんな感じ?

実際入ってみては、それまでのイメージと違って、良かったです。入るまでは、みんな勉強ばかりして、休み時間とかめっちゃ静かなんじゃないかとのイメージがあったんです。こんなに勉強しないと入れない高校なんだから、入ってからも勉強ばっかりなんじゃないかと思っていて。

でも、入って喋ってみたら友達とかもみんな面白くて、自分が持っていないものを持っている友達がいて、そういう人と話していると面白いし、興味深いし。すごく楽しいし充実してます。勉強だけじゃないんですよね

 

―入試本番の点数ってどうでしたか?

福本君点数
 ※小論文の点数は開示なし

ふくもとくん①

「自分のペースでコツコツ勉強してたのがよかった」

―受験勉強はいつから本格的に始めましたか?

周りはやっぱり部活終わってから勉強のギアが入ると思うんですけど、中1から志望していたこともあって、早い時期から少しずつ頑張り始めていたので、自分は部活が終わってもそのままの流れで勉強を続けていました。あまり「ここから頑張り始めた!」って感じの時期はなかったです。逆に、みんなが中3の8月くらいに部活を引退して成績を上げ始めるより前、つまり8月より前がピークだったかもしれません(笑)。模試も、8月の終わりの模試が一番良くて、後はだんだん下がる……みたいな(笑)。

中1の頃はまだ趣味とかもあんまりなくて、中学に入って「頑張らな!」という気持ちもあったので、その時期の(勉強の)貯金が結果的にはよかったのかもしれません。

 

志望校(堀川)の赤本は12月の中旬くらいから始めました。その前は、嵯峨野高校や西京高校など、別の専門学科の過去問を解いていました。別の高校の赤本を解いたのは、結果的に役に立った気がします。質の高い問題なので解き終わって納得できる部分も多いし、同じ専門学科なので問われている力も似ていると思うので、そこは助かったと思います。

 

 ふくもとくん②

―塾に通い始めたのはいつだった?

中2の2月ごろ、高校受検のちょうど一年前ということで受検を意識し始め、さすがに塾を探そうかなと思って、リングアカデミー(堀川・西京・嵯峨野・桃山対策の専門塾)の個別コースに通い始めました。自分なりに勉強を組み立てていきたいなと思っていて、それをできるのは個別指導だと思ったのと、小学校の頃に洛ゼミ(洛北附中・西京附中対策の姉妹塾)でお世話になっていたので、姉妹塾のリングアカデミーにしようと思いました。

 

―モチベーション下がったことってあった?

夏以降、ほかに通っていた集団塾で宿題をたくさん出されて、その時期は大変でした。それまでも自分のペースで勉強もやってきていたので……。受検が近づくにつれての、そのような追い込みはやっぱりしんどいときもありました。

自分はじっとしていられない方で、今でも困ってるんですけど……立ちながら勉強したいくらいで(笑)。身体を動かしながら勉強するのもいいって聞きますし、実際に歩きながら暗記したりとかしていました。

夢中になれるときはずっと集中が続いたり、「これ終わらせたらこれしよう!」って決めたら「頑張ろ!」って気になるんですけど……どうしてもやらないといけない勉強があるときは、ちょいちょい休憩したりとか、音楽を聞いたりとか、好きなテレビを観たりとか。テレビは、「これだけは観る!」っていう番組を決めておいて、その番組の時間以外は集中できるようにしてみていました。「あと何分で(その番組が)始まるから、それまでの時間は集中しよう」って感じで、時間が決まってるから集中しやすいかなと思います。

 

 ふくもとくん③

自分で決めたことの方がやりたい気持ちになれる

―自分なりのこだわりを教えてください!

自分でやりたい方法を実践するということにはこだわっていました。自分で決めたことの方が、やっぱりやりたい気持ちになると思いますし。「こうやりなさい!」って言われたことは、やったら確かに受かりやすいのかなと思うんですが、「前のテストこうやったから、今はこの勉強やってみよう」って感じで自分なりに考えた方が、違う意味で頭も使うし、積極的になったり、ちょっと楽しみになる感じがするんです。

他にも、問題演習の機会は有効活用したいなと思っていました。あんまり力がついていない段階で演習をしてももったいないなと思っていて、8月ごろまでは基礎の問題集や暗記で基礎力を固めることに集中して、それ以降に問題演習を一気にやった感じです。集団塾では教えてもらうことを受け取る一方になってしまうかもしれないんですが、個別指導では自分でそのあたりの計画も考えて、それを反映してもらったりもできました。

 

―後輩へのメッセージをお願いします!

勉強は、押し付けられてやっても楽しくないと思います。「こうやれ!」って言われた勉強は、確かに「正しい」のかもしれませんが、そうじゃなくて自分なりに「こういうのやってみたいな」って思ったこととか、チャレンジしたことの方が、その時の学力だけじゃなくて、他のことにも活きてくるのかなと思います。(高校受検を越えた後、)大学受験にもその時の経験は活きてくるんじゃないかなと思うので、やっぱり勉強も楽しんで、過ごしてほしいかなと思います!

 

 

堀川高校探究科に興味のある方へ

「入試分析報告会+専門学科4校(堀川・西京・嵯峨野・桃山)合格者によるトークライブ」を開催!

(詳細はこちらから)
2018年8/4(土)・8/12(日)両日開催リングアカデミー夏期特別イベント専門学科入試報告説明会

 

 

カテゴリー:堀川生

最新情報

ここからが本番の受検勉強
後悔しないために、今すぐ正しい対策を

27869793413_4fa3ba64a9_o
当記事は、京都にある「堀川・西京・嵯峨野・桃山高校」専門学科入試専門塾のリングアカデミー講師陣が執筆しています。

堀川高校探究科、西京高校エンタープライジング科、嵯峨野こすもす科、桃山自然科学科の受検を考えている皆様へ
リングアカデミーは「専門学科対策用の特別授業」を実施します。
各回申込式のため自分の苦手に合わせた受講が可能です。また、現在通われている塾との併用も可能です。
少しでも興味を持たれましたら、お気軽にご参加いただければ幸いです。
※直前のご連絡でも問題ございません。
リングアカデミーHP

LINE

LINE@のアカウントと友達になれば、まなべーと記事の更新情報をいち早く受け取ることができます。

PCから登録

スマホ・タブレットから登録