学校情報/入試情報

2017年入試講評・分析―西京高校エンタープライジング科

西京高校エンタープライジング科、西京入試を攻略するには過去問対策が必要不可欠。今、最速で過去問を知っておこう。

専門学科対策専門塾‘リングアカデミー’講師が、分析しつくした今年の入試をわかりやすく徹底解説!

英語

使える英語力が求められる西京

西京の英語の最大の特徴は、やはりリスニングの比重の大きさでしょう。学科名を「進取的な」と訳されるenterprisingとし、世界で羽ばたく人材を育成する、そしてその達成には英語での自己表現のスキルが必要不可欠だとする西京高校の英語に対する強い思いが込められているのかもしれません。

今年も変わらず会話、適語補充などから成るリスニングと大問2題の筆記試験で構成されました。いずれも、辞書と文法書の丸暗記だけでは点の取りにくい、英語的直観力を問う問題が多く、その傾向は去年よりも強く見られ、結果的には難化したと言えます。それゆえ、取れるところで失点せずに確実に得点できたかが合否のカギとなりました。

リスニング―「アイハバペン」を聞き取る

リスニング大問Aでは二者の会話が二度放送され、その内容に関する選択式問題と内容一致問題が出題。二度放送されるので、選択式問題では高得点が欲しいところです。

大問Bでは一度しか放送されない英文の空所補充。対策など詳細はリングアカデミー’の入試分析を参照していただきたいですが、コツは英語特有の発音の省略と連結。具体的に言うと“I have a pen.”は某芸能人のおかげで超有名になったパッセージですが、これは「アイ・ハブ・ア・ペン」ではなく「アイハバペン」と発音されますね。このような連結や省略を知ることにより聞けなかったものが見えるようになります。

筆記―単語の「性格」を知ろう

筆記は大問2題構成と言いながら、大問1はそれ自体が事実上A,Bの2題構成。相変わらず英文と図表とが合わさったスタイルで、英文の形式も会話、引用の二種類が混合しており、話がどう進んでいるのか、何がどこに書かれているのか、の判断が非常に厄介な大問。設問は選択式問題、空欄補充、自由英作文と例年通りの出題。選択式問題は選択肢が4つに増えた上、ひとつひとつが長く迅速な処理が求められました

Bで出題された空欄補充は文章全体を読まないと判断できない、文章全体における比喩的なキーワードが出題され、まさしく元の単語の「性格」に基づく出題でした。性格とは、その単語の「訳」だけではなく、その単語の持つイメージのことです。その単語の複数の意味を知っておくことが求められます。

自由英作文―“直観”を身に着ける!

最後の自由英作文は、もはやお決まり、そして今後拡大される可能性の高い出題ですね。ここで大切なのは、論理的整合性です。日本語と違い英語では“ほのめかす”ことはできず、意味を明らかにする必要があります。今年度新たな傾向が見られ始めました。それは、空欄補充の問題が選択式ではなく「自分で考えて」補充するタイプのものがみられたことです。この狙いは、英語を知っているか、ではなく文脈から何が入りそうか、を直観的に察知する能力を問うことにあると考えられます。

まとめ

日々の英語学習において、感覚的に英語を身につけることが求められます。ちなみに、この傾向は西京高校のみに見られるものではなく、桃山、堀川、嵯峨野でも芽生えつつあるので、ぜひ「使える英語力」を身につけてもらいたいですね。

数学

それでもやっぱり、西京数学は難しい。

著しく難化した昨年の試験と比べて全体の難易度は下がったようですが、相変わらず難しい試験です。 今年の西京数学は50%(75点)得点できると十分合格圏内でしょう。西京特有の「クセのある」出題傾向は変わらず、60分で20の設問をスピーディーにこなさなければなりません。

“西京数学らしさ”とは?

今年出題された、「西京らしい」大問を簡単に分析していきます。 大問1の小問集合では例年処理能力とテクニックを要する計算問題が出題され、今年も同様の出題傾向でした。時間をかければ確実に正解できる問題ですが、限られた試験時間の中では焦りから計算ミスが多発するものです。普段から「いかに速く、正確に解けるか」を意識して計算練習を積んでおくことが大事です。

大問3,4のような立体図形の問題も西京頻出の分野です。立体の切り口を「断面図」を書いて解く練習を普段から積めていたかどうかが勝負の分かれ目でした。

大問6は、整数とその約数に関する、いわゆる「整数問題」です。西京数学では例年よく出題される問題です。整数を素因数分解し、素因数の個数を把握した上で問題にそって解答を進めていく必要があります。類題は西京の過去問や、他専門学科(堀川・嵯峨野・桃山)の過去問にも出題されており、過去問研究が何よりの対策になるでしょう。

大問8は、見慣れない状況が与えられ、長い課題文を読み取って計算をしていく必要がありました。西京数学に限らず、専門学科数学一般について、このように「見たことのない状況」がテーマとなった出題がされることがあります。しかし、冷静に課題文を読めば、(1)は円の半径を求める単純な計算問題なので、容易に解答できるでしょう。 例年難易度が高い西京数学ですが、取れる問題をしっかり拾っていき、50%の得点を目指していきましょう!

国語

記述問題の字数は減少。短文の記述が増加!

西京国語、現代文の傾向としては、「抽象的で哲学的」な文章が出題されるのが例年の傾向でしたが、今年度は一変、「メディアとの向き合い方」という、受検生にとっては比較的理解のしやすい文章内容でした。記述の制限字数も昨年度よりも減少し、時間配分はしやすかったのではないかと思われます。そのため、いつもならば時間内に解ききれず、いわゆる「捨てる」問題を選ばなければならない専門学科入試であっても、時間内に解答用紙をすべて埋めることができたのではないでしょうか? 記述問題の字数が減少したからといって難易度が下がったということは決してなく、傍線部の理由説明や具体化の問題は例年通り出題されており、今まで通りの対策がしっかりと生きる設問構成となっていました。

古文に関しては、登場人物の数が少なく、人物関係などは比較的把握しやすい文章でした。例年とは少し異なり、平均字数が30字程度の短文記述が多く求められたのが特徴でした。しかし、基本的な解答テクニックに変化はなく、登場人物の行動を問われる問題では、人物を取り巻く「出来事」およびその人物の「心情」をセットで答えるといった極めて基本的なことを問われていました。

西京国語・攻略勉強法

西京国語を攻略するための勉強方法は大きく二つ。

一つ目は、記述問題における解き方のパターンをしっかりと習得し、過去問を通じて繰り返し練習すること。

二つ目は、古文読解において、徹底的に主語把握を意識すること。

この二つです。特に二つ目については、現代語訳を用いた学習をする際には、一つ一つの出来事、会話文について、主語は誰なのかを丁寧に把握していくことがポイントです。

理科

1問1分以内!スピードが求められた理科

解答時間に対する設問数が圧倒的に多く、情報処理能力が求められる西京理科ですが、今年度はより高度な処理能力が必要で、解答時間50分に対して解答箇所が50か所強となっており、平均すると1問に1分もかけられなくなりました

大問構成は例年通り3問、それぞれが(A),(B)などと分かれており、大問1,2が(C)まで分かれていたことも、問題数増加につながっています。 大問4つで物理・化学・生物・地学の4分野からの出題がなされるのも例年通りで、特に大問1の物理分野は、分量が多く、出題される単元も多岐にわたるため、厚めの対策が必要です。

中でも、毎年出題される浮力の問題は重点対策分野です。これは、「浮力がどういう原理で生まれるか」を理解できていないと、浮力の問題はなかなかスムーズに問題を解くことができず、限られた解答時間の中で実力を試すには格好の問題であるからだと思われます。

西京理科・攻略勉強法

上記の物理分野をはじめとして、まんべんなく出題される他の分野についても、時間による制約がかなり厳しいのが西京理科。

今後の勉強の方針としては、基礎レベルの問題を短い時間で確実に解ききれるようになることが最優先です。

そのために、方法としては、既習分野については、どんどん演習を積んでいきましょう。ただし、その中で、解き方を丸暗記するのではなく、なぜその考え方・解き方をするのかを突き詰めることは、少しひねられた問題にも対応できるようにするために重要なことなので、これを肝に銘じておいてください!

社会

傾向に変化

西京高校の入試に社会科が導入されて4年目の入試を迎えましたが、本年度入試は問題傾向に大きな変化がありました。

大問2題構成で、大問1が地理・公民分野からの出題、大問2が歴史分野からの出題、という点について変化はありませんが、  

①歴史分野の扱う範囲が全時代になった  

②100字記述問題2題という方式から、50~70字の記述問題4題という方式になった

以上の2点が大きな変化として挙げられます。

難易度としては、記号・語句短答問題に関しては例年並みの難易度であると言えますが、記述問題は従来の「知っていることを思い出す」タイプではなく、「与えられた資料と、自分の知識をもとに考えて書く」問題になり、堀川高校の人文社会の記述問題に近づいたとも言え、やや難化したと言えるでしょう。

西京高校は合格者平均点を公表していませんので、前年との比較はできませんが、本年度については50%前後になると予想されます。  

西京社会・攻略勉強法

来年以降の対策としては、問題形式ごとに述べていくと、

① 記号・語句短答の問題については定期テストで問われる事項を正確に理解しておくこと

 具体的には定期テストで90点以上とれること

② 記述問題については、本格的な過去問演習に入る秋以降、類似の記述問題として堀川高校の過去問を解いたり他の国私立高校の入試過去問を解いたりすること

以上の2通りの対策を行っていくことが重要でしょう。

 

敵を知ればゴールへの道のりも見えてくる!

もっと詳しい情報は専門学科対策専門塾’リングアカデミー’の入試分析資料で!(資料請求はコチラ

カテゴリー:学校情報/入試情報

最新情報

ここからが本番の受検勉強
後悔しないために、今すぐ正しい対策を

27869793413_4fa3ba64a9_o
当記事は、京都にある「堀川・西京・嵯峨野・桃山高校」専門学科入試専門塾のリングアカデミー講師陣が執筆しています。

堀川高校探究科、西京高校エンタープライジング科、嵯峨野こすもす科、桃山自然科学科の受検を考えている皆様へ
リングアカデミーは「専門学科対策用の特別授業」を実施します。
各回申込式のため自分の苦手に合わせた受講が可能です。また、現在通われている塾との併用も可能です。
少しでも興味を持たれましたら、お気軽にご参加いただければ幸いです。
※直前のご連絡でも問題ございません。
リングアカデミーHP

LINE

LINE@のアカウントと友達になれば、まなべーと記事の更新情報をいち早く受け取ることができます。

PCから登録

スマホ・タブレットから登録