作成中の記事(一時保存)

【中3生必見】最高の問題集「赤本」の3つの使い方!

赤本を模試代わりにしてはいけない

 受検生の多くは、赤本を力試しのため「だけ」のものだと勘違いをしています。力試しに赤本を模試代わりに利用することは、決して間違いではありません。入試本番では合格点に達しているかどうかで合否が決定されるので、自分がいったい何点とれるのか気になるのは当然です。

 

しかし、赤本はその目的だけでなく、より重要な3つの目的があるのです。

 

 

赤本は、受検日まで絶えず学力をアップさせてくれる

 結論から述べましょう。

「力試し」よりも重要な赤本の3つの目的。その答えは次の3つになります。

 

①入試問題の傾向を知るため

②自分の弱点を把握するため

③正しい解き方を身体に覚えこませるため

 

この目的を持つことで、学力は常に上がり続けます。

では、①~③の目的は、学力を上げるためにどう重要なのでしょうか。


 

①「傾向を知る」ことが勉強を効率的にする

 赤本の1つ目の利用目的は、「傾向を知るため」でした。

 自分の志望校の問題傾向を知ることは、そのまま、その志望校の頻出問題を知ることにつながります。そうすれば、あなたは頻出問題に勉強の重点をおくことができます。

これこそが勉強の効率化なのです。

そして、その頻出の問題パターンに対する正しい解き方をマスターすることで、限られた入試までの時間で、効率的に「合格」に近づいていくことができます。

 

②「弱点の把握」と「その克服」こそが正しい受検勉強

 赤本の2つ目の利用目的は、「弱点の把握」でした。

 自分の弱点。どうしてもここから目を逸らしがちになってしまいます。

 

しかし、受検においては「弱点を克服する」ほうが圧倒的に効率よく全科目の得点を上げることができます。

 

だからこそ、赤本を使った「弱点の把握」こそが、正しい受検勉強だといえるのです。

 

③赤本という最高の練習相手で反復演習を行う。

 赤本の3つ目の利用目的は、「正しい解き方を体にしみこませるため」でした。

 今日も、そして今後も各科目で習得する「設問ごとの正しい解き方」をどこで試すか。その答えが赤本なのです。

 作問のプロフェッショナルたちが、練りに練って作る専門学科の問題は、とても精巧であり、美しいです。(これはマジ笑)同じ問題を何回も解くことに抵抗を感じる人は多いかもしれませんが、その美しい問題と何度も何度も向き合って、習得した正しい解き方を体に染み込ませていってほしいと思います。解く中で、一般の問題集には無い「○○高校(自分の志望校)らしさ」が見えてくれば、合格は間違いないでしょう!

 

 

【やるべき行動】赤本掲載の5年分に目を通し、去年度の問題に取り組む

 まず、ある程度、自分の志望校でどんな問題が出題されるのかを理解しておくために、入試分析資料を読み込んだうえで、一度実際に取り組んでみましょう。

(注意:現段階では全く解けそうにない場合は無理に取り組む必要はありません)

 

その際、主に以下のことをチェックしつつ取り組んでください。

・制限時間

・大問数(英語や国語は文章の量も)

・出題分野(「整数問題が出題されているな」など)

・出題形式(「知識を問う問題より内容理解の問題の方が多いな」など)

 

 取り組んでみると、最初は大半の人がその難しさに圧倒されることでしょう。

 

しかし、そこで終わってはいけません。

 

その際に、解いた問題の中で構いません、具体的にどこが難しかったのか、どこが弱点なのかを考えてみてください。現実から目を逸らしていては、合格が遠ざかるだけです。

英語であれば、「読むこと」、「解くこと」、はたまた「記述すること」が弱点なのかなど、自分だけの弱点が見えてくるはずです。

 

そうしてまず赤本に触れることで、問題傾向と自分の弱点の両方を把握することができるのです。「赤本に勝る参考書はない」とはよく言われることです。あなたもぜひ有効な利用を目指してみてください。正しい赤本の使い方を心得て、一緒に合格を勝ち取りましょう。

カテゴリー:作成中の記事(一時保存)

最新情報

LINE

LINE@のアカウントと友達になれば、まなべーと記事の更新情報をいち早く受け取ることができます。

PCから登録

スマホ・タブレットから登録