作成中の記事(一時保存)

【神大文系・文理共通学部】神戸大学・学部選びに悩む高校生必読!現役神大生がバラす「これが本当の“神大○○学部”」

学部選びは、まさに、大学生活選び!

 

神大の基本情報

 

  • クオーター制を採用しているので1年に4回テスト期間がある
  • 神戸というと港町を思い浮かべる人が多いと思うが、キャンパスは山の中
  • 神大はは経済学部と経営学部が別に存在している

→違いは?「ちょこっと補足コーナー」へ

文学部

神大文学部の特徴

神大文学部の特徴は、

 

①専門の勉強にどっぷり浸かることができる

 

②落ち着いたキャンパスで、変わった先生に囲まれて勉強できる

 

ということでしょう!

 

文学部は、文字通り小説などの文学を学ぶ学部ではなく、人間が築き上げてきた文化を学ぶ学部です。

文化とはとても幅広いもので、神大文学部にも様々な専修があります。

 

神大文学部で学べる学問

哲学系 哲学

文学系 国文学・中国文学・英米文学・ドイツ文学・フランス文学

史学系 日本史学・東洋史学・西洋史学

知識システム系 心理学・言語学・芸術学

社会文化系 社会学・美術史学・地理学

 

なんと15専修もあります!

 

専門の勉強にどっぷり浸かる環境

 

神大文学部では、1回生のときに興味のある系統の入門の授業をとり、自分にぴったりだと思う専修を秋までに決めます。

筆者は授業をとってみて、最初考えていた専修からより興味のあるほうへと変えました。

できるだけ幅広く授業をとるのがいいかもです。

 

2回生からは専門の授業が始まり、ゼミ発表も始まります。神大の特徴として、一般教養の単位が少ないので、他大学よりも早くゼミに入るといえます。

忙しさは専修によりけりです。

 

神大文学部にはどんな人が多い?

男女共に、おとなしいけれど個性的な人が多い印象です。

自分の学んでいる学問が大好きで誇りを持っているタイプが多いため、基本みんななんらかのオタクでマイペースな雰囲気です。

女子比率が高めなため、男子の団結力は高めです。

 

真面目な人が多いのでキャンパスは静かで落ち着いています。

中庭には桜の木があり、春は桜の絨毯ができます。秋は紅葉の絨毯ができます。たまにBBQをします。BBQセットは文学部の教務が貸してくれます。

文学部のある一角はチャイムが鳴りません。

なので、近くの教会の12時を告げる音で2限の授業を終える(2限の終了時間は12:10)先生もいます笑

他にも変わった先生が多く、授業で使う作品をかけるために、授業中に大学の壁に釘を打ったり、ヘルメットを着用して車輪の小さな自転車に乗ったままエレベーターに乗り、自分の研究室に向かう先生もいます。

 

男女比はだいたい

男:女=4:6

くらいです。

 

神大文学部の忙しさは?

 

忙しさ ★1~4(入るゼミによりけり)

 

入る専修によるというのが正直なところ。

忙しい専修の場合、部活動に入っていたらゼミ発表の準備が大変なことになる場合も、、。

 

しかし、基本的に講義は、レポート提出で成績を決めるものが多く、テストも暗記よりも、その場で思考する問題が多いので、テスト勉強はそこまで忙しくないかも。

他学部に比べて出席を重視する授業が多いので、授業をさぼってテストやレポートだけ出すというのはできません。ただ、授業に出ていさえすれば、単位が出る授業もしばしば、、。

 

神大文学部の標高は?

 

標高 神大の中では一番低い120m

徒歩通学難易度 ★3

 

六甲山にへばりつくようにキャンパスごとの標高差が大きい神戸大学ですが、文学部はその中でも一番低いところに校舎があります!

しかし、一番低いといえども、駅からは15分ほど(慣れたら10分)激しい坂を登らなければならず、通学難易度は★3といえるでしょう。

文学部は出席が大事な授業が多いので、入学したら日々の登山は避けられません。

原付やバスを使うという楽な方法もありますが、バスはとっても混むのと、文学部前のバス停で降りるともっと標高の高い他学部の学生に「え?こんくらい登れるやろ」という顔で見られるような気がします。

 

経営学部

ちょこっと補足コーナー

神戸大学には経営学部と経済学部の二つがありますが実際何が違うの?と思ってる方へ

簡単にいえば扱っている学問の立つ視点が違います◎

経済学部:社会全体における経済の仕組みについて、経済理論を中心に学ぶ

     「すべての人間が合理的に行動する」という考えの元、理論を学ぶ

経営学部:より実践的に、企業経営や組織、簿記などに関する計算方法等を全般的に学ぶ

     「人間は合理的に行動できないこともある」ということを前提に学ぶ

     

神大経営学部の特徴

 

神大経営学部の特徴は、

 

①テストだけで取れる単位が多い

 

②要領の良い人が多く、課外活動を頑張る人も多い

 

経済学部と区別する際、経営学部はチャラ経と呼ばれることもあります笑

 

神大はもともと商業系の大学であり、全国の国立大学でも珍しい経営学部は、神大の看板学部であり、入試でも人気のある学部です。

 

テストは単位取得のための必須条件

 

人気があるので偏差値は高いですが、テストだけで取れる単位が多いということで、授業に出る人は減っていきます。

しかし、テストは簡単ではなく、テスト前は必死で勉強する人が多いです。

 

また、文系といえど数学は避けては通れないらしく、噂では経済学部よりも数学を使うなんてことも、、。

 

授業に出ない人が多いですが、経営学でいえば、日本のトップレベルの先生方が集まっているので、授業に出るのもお得かもしれません。

 

ただ、マーケティングの授業や、神大出身の企業の社員さんがオムニバス形式で実務的な経営について教えてくれる授業など、他学部から受けに来る人も多いほど人気の授業もあります。

 

神大経営学部にはどんな人が多い?

先輩からもらった過去問で対策して、テストだけ出て単位を取るような要領の良い人が多いです。

ただ、授業に行かない分、サークルやバイト、留学や資格の勉強、起業など、自分のやりたいこと、ワクワクすることに打ち込む人が多いです。

 

大学生にしかない自由な自分の時間を使って今しかできないことをやりたい人にはもってこいかもしれません。

 

就活も器用にこなす人が多いです。

 

明るい人が多く、神大の中ではなんとなくかっこいい、かわいい人が多いという情報も、、。

筆者的にはおしゃれで垢ぬけている人が多いイメージです。

 

1回生のときは男女混合グループが多数でき、まさに大学生という感じで、文学部の筆者には眩しい限りでした。

 

男女比はだいたい

男:女=7:3

くらいです。

 

神大経営学部の忙しさは?

 

忙しさ ★2~3

 

単位だけほしいならテスト前以外はそんなに忙しくないかも!

ただ、テスト自体は簡単なわけではないので、テスト前はしっかり勉強しなければなりません。

あと、卒論もあるので、就活が終わってもやることはあります。

 

就活や将来に意識の高い人が多いので、活動的な人たちの中でいろんなことにチャレンジできる環境です。

自分次第で忙しさも変わってきます。

 

神大経営学部の標高は?

標高 180m

徒歩通学難易度 ★4

 

経営学部のある六甲台第1キャンパスは、神大の正門があり、ハリーポッターのホグワーツのような古くてかっこいい図書館もあるおしゃれなキャンパスです。

 

ただ、標高は高く、徒歩で登ると25分くらいかかります。

バスの定期を持っている人や原付で通う人が多いです。

 

ただ、健康のため徒歩で通学している友人もいました。

頑張れば徒歩でも通えないこともないですが、正門前にやっとついても、激しく高い階段が立ちはだかります。

 

経済学部

 

神大経済学部の特徴は?

 

神大経済学部の特徴は、

 

①基本的には放任主義で自由な環境

 

②テスト重視なので、テスト前は単位取得のため結束する

 

ということでしょうか。

 

チャラ経と呼ばれる経営学部に対し、パラ(パラダイス)経と呼ばれることもあります。

 

パラダイスと呼ばれるだけあり、「楽しようと思えばいくらでも楽ができる」と言っていた人もいるほどでした。

大教室での授業がほとんどで、多くの人が質問に行かないため、先生に質問に行くと、得られるものは大きいでしょう。

 

ただ経営学部と同様に、テスト重視の授業が多いため、テスト前はしっかり勉強しなければなりません。

テスト前は学部のみんなで単位取得のため力を合わせます笑

 

ゼミでは、三商(日本の三大旧商科大学のこと/一橋大学・神戸大学・大阪市立大学)ゼミ発表や論文大会などがあります。

 

また、遊んでるイメージが強いと思われがちですが、学習面ではゼミや留学プログラムなど充実しており、学びたいことをとことん学ぶことができる環境が整っているということでした。

 

神大経済学部にはどんな人が多い?

 

部活動やサークルで積極的に活動している人が多いです。

出席がないため、比較的自由に時間を使えるので、課外活動を頑張ることが可能です。

 

ただ、やるときはやる、遊ぶときは遊ぶ!というメリハリのつけられる人が多い印象です。

 

経営学部と同じように、こちらも垢ぬけていて明るい人が比較的多い印象です。

 

楽単(楽に取れる単位)を求めて他学部に出没する人が多数です。

その場合、レポートを学期末に提出するだけでよいというような文学部の授業がよく狙われます。

文学部の学生や先生とは良くも悪くも雰囲気が違うので、文学部にいる経済学部の学生はすぐに分かります笑

 

男女比はだいたい、

男:女=7:3

くらいです。

神大経済学部の忙しさは?

 

忙しさ ★2

 

経営学部と同じで、単位だけほしければ、テスト前以外はそんなに忙しくないでしょう!

しかし、京大経済学部は卒論がありませんが神大の経済学部にはあります。

 

勉強であれ、資格であれ、就活であれ、サークルや部活であれ、頑張りたいことを自由に選べる環境であることは間違いありません。

 

神大経済学部の標高は?

 

標高 180m

徒歩通学難易度 ★4

 

経済学部は経営学部と法学部と同じ六甲台第1キャンパスにあります。

 

映画のようなおしゃれなキャンパスですが、標高は高く、徒歩で登ると25分くらいかかります。

バスの定期を持っている人や原付で通う人が多いです。

 

法学部

神大法学部の特徴

神大法学部の特徴は、

 

①成績評価はテスト一発勝負が多いが難しい

 

②ゼミは半期で変わるのでいろいろなゼミを経験できる

 

③卒論はなし

 

ということでしょう!

 

神大法学部には3つのコースがあります。

  • 司法コース
  • 企業・行政コース
  • 政治・国際コース

 

司法コースは法曹(裁判官・検事・弁護士)を目指す人が多く、法律について学びます。このコースの人は多くの人が法科大学院へ進学します。

 

企業・行政コースでは法律科目を中心に基礎法から政治や国際関係まで幅広く学べます。

 

政治・国際コースは、政治・国際関係を中心に関連する法律について学びます。

出席は取らないが、テストの難易度は高め

法学部といえば、成績評価がテスト一発勝負の授業が多いことで有名です。

筆者が入学した当初は、さらに、シャーペンではなく、書き直せないボールペンでテストを受けなければならないという噂もありました。

 

出席を取らない授業が多いので、授業に出る人は少なくなります。

ただ、授業の雰囲気は静かで、講義に集中できるのではないでしょうか。

 

ゼミは半期で変わる

3回生から始まるゼミは、半期ごとに希望を出して違うゼミに入ります。

なので、ずっと同じゼミで勉強していくという雰囲気ではありません。

いろいろなゼミで、各先生に教えてもらうことができるので、興味のあることが多い人にはぴったりかもしれません。

 

神大法学部にはどんな人が多い?

六甲台第1キャンパスの図書館で勉強しているのはほとんど法学部生だとも噂されるほど、真面目な人が多いです。

 

真面目な人が多いといってもしっかりしていて、オンオフの使い分けが上手な印象です。

サークルや部活動を頑張りながら、資格の勉強や公務員試験などを頑張る人が多いです。

筆者的には、法学部も垢ぬけた人が多いイメージです。筆者からしたら、六甲台第1キャンパス(営・済・法)の人たちはみんな華やかです。

 

みんながみんな法律を勉強しているわけではなく、政治系をがっつり勉強している人もいます。

 

法学部の生協ではポケット六法がたくさん売ってます。何度も家に忘れて六法が毎年たまっていく人も、、。

 

先生は、生真面目でかたい感じの人もいれば、テストに何を書いても単位をくれるというような先生もいて、多様な雰囲気です。

おおまかに、司法コースの先生より、政治学系の先生の方がやさしめだったり、、。

 

男女比はだいたい

男:女=:6:4

くらいです。

 

神大法学部の忙しさは?

 

忙しさ ★2

 

授業はほとんど出席を取らないので、テスト前以外はあまり忙しくありません。

ただ、入るゼミによります。

大学の授業というより、資格試験や公務員試験などで忙しくしている人は多いイメージです。

法曹を目指す人は、法科大学院の院試勉強や、資格の勉強などで忙しいです。

 

卒論もないので、就活が終われば、ゼミや研究室など、自分の好きなことが満喫できます。

 

神大法学部の標高は?

 

標高 180m

徒歩通学難易度 ★4

 

法学部は経営学部と経済学部と同じ六甲台第1キャンパスにあります。

 

映画のようなおしゃれなキャンパスですが、標高は高く、徒歩で登ると25分くらいかかります。

バスの定期を持っている人や原付で通う人が多いです。

 

さらに、法学部の校舎は六甲台第1キャンパスの中でも一番上にあるので、正門から入ってもすごい段数の階段を登らなければなりません。。

 

国際人間科学部

神大国際人間科学部の特徴

神大国際人間科学部の特徴は、

 

①短期か長期か選べるが留学は必須

 

②文系理系両方から入学できる

 

ということでしょう!

 

国際人間科学部は、2017年入学から国際文化学部と発達科学部が合併した学部です。なので、4つの学科があり、学科ごとに学ぶ内容が大きく異なるのと、学科によってキャンパスの標高も変わってきます。

 

国際人間科学部の学科は以下の通りです。

 

  • グローバル文化学科
  • 発達コミュニティ学科
  • 環境共生学科
  • 子ども教育学科

 

グローバル文化学科は、国際的なコミュニケーションの推進を目指す学科で、いろいろな外国語や国際関係の勉強ができます。

 

発達コミュニティ学科では、人間社会についてから、心理学、スポーツ系の学問、音楽・美術などの芸術系の実践的学問が学べます。

 

環境共生学科では、

 

専門の勉強にどっぷり浸かる環境

 

神大国際人間科学部にはどんな人が多い?

 

男女比はだいたい

男:女=:

くらいです。

 

神大国際人間科学部の忙しさは?

 

忙しさ ★1~3

 

神大国際人間科学部の標高は?

標高 神大最高峰の210m

徒歩通学難易度 ★10

 

カテゴリー:作成中の記事(一時保存)

最新情報

LINE

LINE@のアカウントと友達になれば、まなべーと記事の更新情報をいち早く受け取ることができます。

PCから登録

スマホ・タブレットから登録