受験対策

【中学 国語・数学・英語】自宅学習で効率よく実力を伸ばそう!

ピンチをチャンスに!自宅学習で力を伸ばそう!

「家での勉強ってなにやればいいかわかんないし、なんとなくダラダラしちゃう、、、」と思っている中学生のみなさん、けっこう多いんじゃないでしょうか。昨今はコロナウィルスの影響で休校期間が長引き、家でどれだけ勉強できたかが実力に直結します。まさに、人にやらされるのではなく、自学自習ができるのかが試されています。この記事では、国語、数学、英語の主要三教科について、家で何をすべきなのか、どんな風に勉強すればいいのか、についてリングアカデミーの講師が解説します。休校期間は一見ピンチですが、別の味方をすれば、ここでがんばれればライバルに簡単に差をつけられるチャンスでもあります。一緒にがんばりましょう!

国語編

国語勉強

国語の勉強でしておきたいこと

国語の自宅学習では下の2つをやっておこう!
①漢字の学習
②文章を読む経験を積んでおくこと

①漢字の学習

漢字の学習は、入試の漢字問題で点を取るというだけでなく、国語の文章を読む基礎となる「語彙力」にも直結します。それは、日本語の難しい言葉の大半が漢字で書かれているとも言えるからです。 しかしながら漢字力は一気にぐっと伸びるものではありません。中学校の早いうちから少しずつでも漢字の学習を積んでおくことが、高校入試やその後の生活にも役に立つものとなっていきます。漢字学習は国語力を伸ばすためにも、自宅学習に持ってこいの内容なのです。

②文章を読む経験を積んでおくこと

読書の習慣がある人は意識する必要がないことなのですが、そうではない人(多くの人がそうだと思います)は、自宅学習として少しでも文章を読む経験を積んでおきましょう。 国語はもちろん「文章を読む科目」なのですが、「文章を読む力」の伸びは、RPGのレベルアップのようなものだと思ってください(RPGとは、「敵を倒して経験値を得ることで少しずつ強くなっていく」というシステムが含まれるゲームのことです)。つまり、「文章を読む力」はコツコツ経験値をためて少しずつレベルアップしていくしかないということです。ここで言う「経験値」は、「文章を読んだ経験」です。 「国語ができる」人とは、「多くの文章を読んで、多くの経験値をためている人」なのです。そのために、毎日少しでも文章に触れる意識を持ちましょう。

国語の自宅学習のコツ

①漢字の学習

既に漢字の問題集を持っている、という人は、それに取り組む、または取り組み直しましょう。学校で使っている教材でも構いません。 1周目は、間違えたものだけに✔を付けていくなどで覚えているか覚えていないかを分別し、2周目で覚えていないものだけを覚えなおすという形がお勧めです。 コツは、一日どのくらいやるかを、無理のない範囲で明確に決めること。毎日ほんの少しでも良いので、まずは1週間続けることを目指しましょう。続かないのであれば、もう少し量を減らすなど、取り組むハードルを下げる工夫をしてください。

②文章を読む経験を積んでおくこと

経験値を積むために読む文章は、どんな文章であっても力になってくれるものですが、ある程度まとまった分量があるものにしましょう。本の形になっているものなら何でもOKですし、それ以外では新聞やインターネット上のニュースなどもお勧めです。 手元に読むものがない!という人は、インターネット上で読める文学・作品集の青空文庫」なども活用してください。教科書に載っていた有名な作家の別の作品はどのようなものがあるのでしょうか?

国語の自宅学習の注意点

まずは10分からでも構わないので、毎日必ず国語のために時間を使っていきましょう。漢字の学習をしたり、文章を読む時間を意識的に確保したりといった時間がそれにあたります。国語は伸びが見えづらい科目ですが、コツコツとした積み重ねは必ず力になってくれますので、今のうちから家庭学習で経験値をためていってくださいね!

英語編

英語学習

英語の勉強でしておきたいこと

英語の自宅学習では下の3つをやっておこう!
①先取り学習
②英単語の学習
③文法演習
※数字が小さいほど優先順位が高いです!

①先取り学習

 中学3年生の文法事項は重要なものばかりです。入試問題を解くうえでマスターしなければならない内容ばかりなので,先取りで早く学習しましょう。入試の文法問題,長文読解,英作文ではこれらの内容がなければ対策できないといっても過言ではありません。入試対策をする以前に中3の文法をマスターする必要があるので,家庭学習で優先的に進めていきましょう。

②英単語の学習

英語の学習を進めるにあったって,英単語力がないと効率が非常に悪くなります。意味が分からないと長文の内容が入ってこなかったり,単語が書けないと英作文が書けなかったりと,入試において致命的となります。また,英語がとっつきにくい人は英単語が分からなくて嫌になる人も多く見受けられます。時間のある今のうちに英単語の勉強をしておきましょう。

③文法演習

さらに余裕のある人は今のうちから既に習った範囲の文法問題に取り掛かりましょう。文法の基礎があればあるほど,長文読解や英作文の成績が向上します。今のうちに基礎を築いておきましょう。

英語の自宅学習のコツ

①先取り学習

 まず1つテキストを用意しましょう。おすすめとしては新中学問題集(教育開発出版)です。テキストを終わらせる時期を決め,毎週どのスピードで進めていくかを計算し,計画的に取り組みましょう。8月までに中学3年生全ての範囲を終わらせることができたら十分です。

②英単語の学習

まずは既に習った単語の確認をしましょう。一度触れた英単語を全て覚えることが何より効率的です。その際,自分で単語帳を作ることをお勧めします。手持ちサイズのノートに単語とその意味を書いて個人用の単語帳を用意すると効率的に勉強ができます。また余裕がある人は市販の英単語帳を購入し進めていきましょう。

③文法演習

市販のテキストを購入し,進めていきましょう。①と同様に,計画的に進められると良いです。夏以降,長文読解と英作文に時間を費やせるように,中1,2年で習った範囲をおさらいしておくのが良いでしょう。

英語の自宅学習の注意点

 とにかく計画的に進めることを意識しましょう。目安としては「夏までに○○を仕上げる」という目標から各月ごと,はたまた,各週ごとに自分がすべき内容と分量を決めておくと良いです。その際,無理な計画にしないことを心掛けてください。①~③を提案しましたが全てやる必要はありません。他の科目との兼ね合いもありますので,実行できる計画を立て,無理せず,勉強に取り組めれば良いと思います。

数学編

数学学習

数学の勉強でしておきたいこと

数学の自宅学習では下の2つをやっておこう!
①先取り学習
②計算練習

①先取り学習

新型コロナウイルスの影響で、ほとんどの人は教科書の内容を進めることがストップしていると思いますが、入学試験を考えた時に、中3の内容をあまり出さない、ということは考えにくいため(もちろん、今後どうなるかわからない部分もありますが)教科書の内容を進めておくことはとても重要です。今の学校のない時期に先どりを少しでも進めておけた人と、できなかった人とで大きな差がつくことになるでしょう。

②計算練習

計算練習の1番の目的は、実は、「計算力の向上」ではありません。真の狙いは、「短時間で習った単元を復習する」ことと、「テンポよく解くことで集中力を高める」ことの2つです。 計算練習は、単元の中で基本的な知識をとう問題をスピーディに解いていきますが、これは、効率よく各分野の基礎を復習することにつながります。また、気持ちよく解ける計算練習を勉強の最初に持ってくることで、勉強のリズムをつくりやすくなります。このように計算練習をうまく活用することで効率よく底力をアップさせることができます。

数学の自宅学習のコツ

①先取り学習

先どり学習のコツは、①5分ルールの活用②答えはバンバンみて勉強する③とりあえず式変形だけでも追っておく、などです。くわしくはこちらの記事で詳しく説明しているので参考にしてみてください!

数学を先取りで学習したい!おすすめ参考書、やり方のコツをまとめた記事はこちら
【決定版】中学数学先取り勉強法

②計算練習

今まで使っていた計算ドリルやワークを使用します。このとき、一回あたりのページ数と何分間やるかを先に決めておきましょう。分量としては、20分間程度でギリギリ解けるくらいがちょうどいいと思います。また、ぜひやっておいてほしいこととしては、解くのにかかった時間を記録しておくことです。同じページをなんどもやるうちにだんだん解く時間が短くなり自分の解くスピードが伸びていることが実感できるでしょう!

数学の自宅学習の注意点

休校期間における数学勉強のコツは、ズバリ、「がんばりすぎない」ことです。1人で行う勉強は、理解できない問題など困難にぶつかったとき、モチベーションが下がりやすくなります。数学は、コンスタントに勉強をつづけることで少しずつ伸びる科目なので、あまり肩肘張らず、8割くらいの問題は気持ちよく解けるように、問題の難易度を調整すると、勉強しやすいと思います。もちろん、やる気が湧いた日や、数学をがんばりたいと思っている人はぜひ、習った範囲で解ける応用問題にもチャレンジしてみてください!

自宅学習をがんばる人へ

国語・英語・数学の家で勉強すること、進め方のコツを紹介してきました。しかし、いきなり全部を取り入れるのは大変です。まずは1つだけでも「今日の勉強」に活かしてみましょう。少しずつ工夫を重ねていくかどうかで、数ヶ月後には大きな差が現れます。コツコツがんばりましょう!

カテゴリー:受験対策

最新情報

LINE

LINE@のアカウントと友達になれば、まなべーと記事の更新情報をいち早く受け取ることができます。

PCから登録

スマホ・タブレットから登録