受験対策/勉強法

【ワンポイント過去問解説】嵯峨野高校 2020年度 社会

嵯峨野社会の特徴

問題の型式

・時間:40分

・満点:50点

・大問数:4

・出題分野:地歴融合(大問1)・歴史(大問2)・地理(大問3)・公民(大問4)

※一部別分野からの出題が混じることもある

・出題型式:選択式・記述式・論述式

地理分野の特徴

①図表が非常に多く出題される

世界地図,雨温図,地形図の読み取り問題は毎年出題されています。また,統計資料(棒グラフ,折れ線グラフ,円グラフ,表など)の読み取りも頻出です。近年ではある統計に関して上位,中位,下位で色分けされたある都道府県の地図を読み取る問題が3年連続で出題されており,特に注意が必要です。

 

②大問1は世界地理,大問3は日本地理

大問1は世界地理がテーマとなっており,ある地域にスポットを当てつつも全地域から幅広く出題されています。大問3はある都道府県をテーマとして出題され,自然や産業などに関して幅広く出題されています。

 

歴史分野の特徴

①細かい知識が問われる

毎年出題されている年代整序問題と論述問題では,かなり細かい知識まで問われているため特に注意が必要です。年代整序問題は同時代の特に前後が分かりにくい項目が出題され,論述問題においても政治や産業に関して細かい内容が問われています。

②年表をもとに出題

大問2では政治,外交,文化といったあるテーマに関する年表が問題文冒頭に提示されており,年表にそって,古代から近現代まで幅広い範囲から出題されています。大問1においてもリード文に関連する問いが全時代から出題されています。

 

公民分野の特徴

①経済分野は頻出

金融政策と財政政策,景気,円高や円安といった経済分野に関する問いが毎年出題されています。経済変動とそれに対する政策はセットで出題されていますので特に注意が必要です。

②会話文や資料をもとに出題

大問4では税,社会保障,裁判員裁判などといったテーマに関する会話文や資料が提示されて,それに関する問題が主に出題されます。

 

2020年度嵯峨野社会 今年の一問

問題(大問2-5)

(5)下線部⑤の人物は、日米修好通商条約などの不平等条約撤廃を実現されたことで知られる。日米修好通商条約にもとづいて開始された貿易によって,輸入と輸出はそれぞれどのようになり,日本の経済はどのような影響を受けたか,具体的な品目をあげて70字以内で説明せよ。

考え方

「知識なら十分にあるけど,論述問題となると苦手…」という人は多いと思います。論述問題を解くためのポイントは2つです。

①問題文の指示をよく読む

②解答を書く前に内容を整理する

①について。当たり前のことのようですがこれはかなり大事です。資料が付されていればその資料が何を言おうとしているのか,解答には何を書かなければいけないのかを見極めることが論述問題を解く上では不可欠です。

②について。いきなり解答を書こうとしてもうまくいくはずがありません。解答を書く前に書くべき内容を箇条書きで整理してから答案用紙に解答を書くようにしましょう。

解説

①問題文の指示をよく読む

まず,問題文の指示を整理します。

・テーマ:日米修好通商条約後の貿易

・条件:輸出と輸入の変化を述べること ,日本の経済に対する影響を書くこと ,具体的な貿易品目をあげること

問題文の指示から,解答に書くべき内容は次のように整理できます。

嵯峨野社会解説①

②解答に書く内容を整理する

・日米修好通商条約について

1858年に老中井伊直弼とアメリカ総領事ハリスとの間で結ばれた条約。この条約によって箱館,新潟,神奈川,兵庫,長崎の五港が開港され,外国との自由貿易がはじまった。日本に居住する外国人に対する領事裁判権を認めること,関税は日本に決定権はなく,相互で協定して決める協定関税制など,日本にとって不利な内容が定められた。

・開国直後の貿易

開国当初の貿易では,日本は茶や生糸を輸出した。輸入に対して輸出が上回り,国内での品不足を招いて物価が高騰して庶民の生活は苦しくなった。一方,機械で生産された安価な綿織物が輸入され,手作業が中心であった国内の綿織物産業は打撃を受けた。

以上のことを先程の表に整理すると以下のようになります。

嵯峨野社会解説②

解答

生糸や茶などが輸出され,品不足によって物価が高騰して庶民の生活は苦しくなった。また,安価な綿織物が輸入され,国内の綿織物産業は打撃を受けた。(70字)

まとめ

本記事では嵯峨野社会でよく出る論述問題を取り上げて解説しました。論述問題では

①問題文の指示をよく読む

②解答に書く内容を整理する

という2点に注意すればどんな記述問題でも対応できるようになります。

論述問題は苦手とする受験生が多く,差がつきやすい問題ですので,過去問演習の際にも以上のことに気をつけて論述問題を得意にして,他の受験生に差をつけましょう!

 

カテゴリー:受験対策/勉強法

最新情報

ここからが本番の受検勉強
後悔しないために、今すぐ正しい対策を

27869793413_4fa3ba64a9_o
当記事は、京都にある「堀川・西京・嵯峨野・桃山高校」専門学科入試専門塾のリングアカデミー講師陣が執筆しています。

堀川高校探究科、西京高校エンタープライジング科、嵯峨野こすもす科、桃山自然科学科の受検を考えている皆様へ
リングアカデミーは「専門学科対策用の特別授業」を実施します。
各回申込式のため自分の苦手に合わせた受講が可能です。また、現在通われている塾との併用も可能です。
少しでも興味を持たれましたら、お気軽にご参加いただければ幸いです。
※直前のご連絡でも問題ございません。
リングアカデミーHP

LINE

LINE@のアカウントと友達になれば、まなべーと記事の更新情報をいち早く受け取ることができます。

PCから登録

スマホ・タブレットから登録