【入試分析】2021年度 嵯峨野高校 こすもす科 国語

2021年11月01日
中学生向け 受験対策/勉強法

嵯峨野国語の出題傾向

例年の傾向

 嵯峨野高校の国語の検査は、例年大問3題構成で、大問一が説明・論説文、大問二が物語文、大問三が古文からの出題となっています。50分という厳しい時間制限の中で、非常に多い文章量の読解を求めます。それに伴って問題数もかなり多くなっており、文章・問題ともに「じっくり考えて解く」というものではなく「素早く正誤を断定して処理していく」問題であるといえるでしょう。記述問題も出題されますので、記述の対策もおろそかにすることはできません。

 

2021年度入試の分析

 全体として傾向に大きな変化は見られなかったものの、大問三の古文では、古文とともにその内容に関する会話文が出題されました。古文自体は短めのものとなっていましたが、会話文も合計するとかなり多めの読解量になります。また、問題数も非常に多く、各大問は6~8問の小問で構成され、小問中にも複数の解答欄が含まれる場合が多くあります。全体を通して、適切な時間配分、スピーディーな読解・解答が強く求められたと言えるでしょう。

 

大問別分析

大問一:現代文 江下雅之「ネットワーク社会の深層構造」より

 例年通り、説明・論説文からの出題でした。課題文のテーマは「現代社会におけるメディア」であり、イメージはしやすく難解なものではなかったものの、文章量は多く設問も様々な形式が含まれています。六十字以内・三十字以内の2つの記述問題が含まれ、解答にもある程度の時間を要する大問だったと考えられます。

 

大問二:現代文 原田マハ「ハッピー・バースデー」より

 例年通り、物語文からの出題です。3つの大問を通して課題文の分量がもっとも多く、問題冊子の3ページ半にわたって課題文が続いています。設問としても、七十字以内・六十字以内の2つの記述問題が含まれ、選択問題の選択肢が3行にわたるような長い選択肢の問題も出題されました。圧倒的な読解量と、心情・表現など多岐にわたる問題で、すべて解き切ることが難しかった受験生も多かったと思われます。

 

 

大問三:古文 「俊頼髄脳」より

 例年通り、古文からの出題。「俊頼髄脳」は2年連続の出題です。本年度は課題文とともに、本文内容についての会話文が併せて提示されています。設問の空欄はすべてこの会話文に含まれ、会話文の誘導に沿いながら古文を読みこなしていく必要がありました。古文を古文だけで理解するのではなく、会話文中のヒントを含めて理解することに主眼が置かれている大問です。

 

嵯峨野国語への対策

 嵯峨野国語は近年読解量・設問量が増加する傾向にあります。設問に難問・奇問の類はないものの、定められた時間の中でスピーディーに文章内容を把握し、記述問題を含む設問を処理していく練習をしていきましょう。記述問題は解答のパターンを把握しておくことが素早い答案作成に役立ちます。国語の演習の際は必ず目標時間を設定し、時間を計りながら解答する習慣をつけ、頭や手を動かし続ける体力をつける演習を意識してください。

 

まとめ

 嵯峨野高校の国語は圧倒的な文章量・問題数を厳しい制限時間の中で素早く処理していくものです。演習の中で時間感覚を身に着け、しっかりと解き切ることを目標にしていきましょう。