受験対策/勉強法

【入試分析】2021年度 桃山高校 自然科学科 英語

<例年の傾向>

 桃山・自然科学科の英語は十分難関といえるレベルである。特に大問2つ分出題される長文読解は、例年科学に関する内容であることが多く、語句・内容ともに難易度が高く、これらの長文問題は全て解き切ることが難しい。実際、毎年の合格ラインは6割〜7割程となっており、満点を目指して全てを解き切ろうとすると逆に実力を発揮しきれずに終わってしまう可能性もある。大事なのは、「大問の傾向を理解し、確実に解ける問題からクリアしていく」ことである。長文問題が難解である一方、大問1の会話文問題や、大問4の英作文問題は比較的解きやすく、基本的な文法・語句を完璧にしておけば満点も狙えるだろう。

 

<2021年度入試の分析>

 2021年度の桃山英語は、ここ2年と同じく「会話分の空欄補充」、「長文読解(説明文)」が2題、「英文内容に基づく英作文」で大問4問構成であった。2020年度で出題された小説文が無くなり説明文に戻ったため、全体としては分量は少し減少したものの、全体の難易度は例年とほぼ同じ程度であった。

 

<大問別分析>

 大問1の「会話文の空欄補充」は、電話での会話を中心に、対話の前後の流れを読み取り選択肢から適切な文章を選ぶ問題であった。例年通り難易度は易しく、素早く解きつつ満点を狙う必要がある。ここは確実に取り切ろう。

 

 大問2の説明文読解では、アポロ13号が月面着陸に失敗した話を題材に、困難に立ち向かう時のヒントについて述べられている。前年までの説明文に比べると、文章量がやや多くなり、さらに語句注釈が非常に多くなった。つまり、宇宙という馴染みのない題材で専門用語が多く、少し読みづらい内容であった。また、2020年度から登場した25字以上の英作文も出題されたため、全て完璧に解き切ろうとすると時間がなくなる可能性が高い。しかし、英作文は問題文を全て理解し切らずとも書ける内容であった。文法問題や、該当部だけを読んで解き切れる問題を確実に取りきり、余った時間で他をいかに正解できるかが勝負だっただろう。

 

 大問3の説明文読解では、物を見ることと光について述べられた科学的文章であった。昨年度は例外的に小説文が出題されたが、今年度は再び科学的説明文に戻る形となった。大問2と比べると、文章量はかなり少なく語句も易しく、題材も馴染みのあるものなので、読みやすかったのではないだろうか。設問も解きやすいものが多く、ここは丁寧に解いて高得点を狙える箇所であった。

 

 大問4の英作文問題は、グラフと英文を読みながら文脈に合うような英作文または日本語英訳の問題が5題出題された。文脈に合うような英作文は、語数が3語〜7語程度と少ない文字数のためそこまで難易度は高くない。日本語英訳についても、難易度は中程度である。英作文については、大問2の25語以上の自由英作文がメインであると考えていいだろう。そのため、大問4は時間のある最初の方に確実に得点することを勧める。

 

<桃山英語への対策>

 桃山・自然科学の英語は十分難易度が高く、分量も多い方である。しかし時間をかけると解ける問題が多い。そのため本番の戦略が非常に大事になってくる。問題の傾向がはっきりしているため過去問を何度も解き、自分なりの戦略を立てよう。

 その上で、普段からできる対策として2つ挙げる。1つは、普段から科学的説明文の文章に慣れ親しむことだ。科学的文章は専門的な内容であることが多く、注釈が多くつく語句が頻出する。これらの難しい語句が出る文章は読み慣れていなければしんどく感じるだろう。また、論理展開にある程度パターンがあることが多く(トリッキーな文章パターンは少ない)、ある程度読み慣れると、読むスピードは早くなる。もう1つは、文法問題で『書く』訓練をすることである。桃山の英語は使う文法事項は基礎的でそこまで難しくないことが多いが、その分書かせる問題が多い。そのため普段の文法問題から選択肢などの問題形式に慣れてしまうと、入試本番でなんとなく答えはわかっても筆記でミスをしてしまう。そうならないためにも、選択肢問題でもノートに英語を書くなどして、『書き慣れる』ようにしておこう。

 

 

カテゴリー:受験対策/勉強法

最新情報

ここからが本番の受検勉強
後悔しないために、今すぐ正しい対策を

27869793413_4fa3ba64a9_o
当記事は、京都にある「堀川・西京・嵯峨野・桃山高校」専門学科入試専門塾のリングアカデミー講師陣が執筆しています。

堀川高校探究科、西京高校エンタープライジング科、嵯峨野こすもす科、桃山自然科学科の受検を考えている皆様へ
リングアカデミーは「専門学科対策用の特別授業」を実施します。
各回申込式のため自分の苦手に合わせた受講が可能です。また、現在通われている塾との併用も可能です。
少しでも興味を持たれましたら、お気軽にご参加いただければ幸いです。
※直前のご連絡でも問題ございません。
リングアカデミーHP

LINE

LINE@のアカウントと友達になれば、まなべーと記事の更新情報をいち早く受け取ることができます。

PCから登録

スマホ・タブレットから登録