受験対策/勉強法

【入試分析】2021年度 桃山高校 自然科学科 自然科学

〈桃山理科の特徴〉

 「自然科学」という名が学科名についている通り、入試問題も他の学校の「理科」のテストとは異なり、自然現象や科学原理を考えさせる問題が多いです。

すなわち、単なる暗記では到底太刀打ちできず、ひとつひとつの物理現象や化学現象などをきちんと理解し、初めて見た問題に対しても知識を応用できるかを見られています。問題集などで見たことのあるという典型的な問題は非常に少ないのが特徴です。

 

 

〈大問別分析〉

大問1

 問1~問4があり、問1・2は知識問題、問3は電気に関する思考問題、問4は化学反応に関する思考問題でした。問1・問2は、教科書レベルの基本的な用語や現象を正しく理解しているかが問われました。問1、問2だけで、物理・化学・生物・地学全範囲の知識が聞かれ、理科が苦手な人にとっては、いきなりきつい問題だったのではないでしょうか。問3は、まさに自然科学的な問題と言えるのではないでしょうか。物理の電気分野で習ったあらゆる知識を総動員し、日常生活の電気製品を利用した問題を解きます。問4も非常に自然科学らしい問題です。単純な化学の知識を使うだけではなく、物理の浮力の知識も用いる、物理・化学の複合問題でした。

 

大問2

 大問2は光合成と二酸化炭素吸収量の関係について、グラフを読み解く問題でした。なかなか見たことのない設定が置かれており、これも光合成および呼吸の基礎知識を前提として、それらの知識をきちんと初見の問題に対して応用できるかが見られている難易度の高い問題です。しかし、問1~5のうち、問1~4は標準的な問題なので、ここはきちんと取りたいです。

 

大問3

 大問3は天体の問題でした。天体分野は多くの学校では、一番最後の時期に習う単元なので、受験生の中でも理解度にムラが出やすいところです。さらに本問は天体の問題の中でも難易度が高く、多くの受験生が苦戦したことが予想されます。月の形はなぜその形なのか、太陽と月の位置関係から理解できていないとほとんどすべての問題を解くことができないと思われます。これも「月の形」という普通は暗記してしまうものに対して、「なぜその形に見えるのか」というところまで考え、理解していることが必要な、自然科学らしい問題でした。

 

〈まとめ〉

 ここまで書いた通り、桃山自然科学科の理科の問題は、単なる暗記では全く太刀打ちができず、1つ1つの物理現象・化学現象を理解し、「使える」状態になっていないといけません。日頃から「なぜこうなるんだろう?」という視点を大事にして、教科書を読んだり、問題集を解いたりしていってください!

カテゴリー:受験対策/勉強法

最新情報

ここからが本番の受検勉強
後悔しないために、今すぐ正しい対策を

27869793413_4fa3ba64a9_o
当記事は、京都にある「堀川・西京・嵯峨野・桃山高校」専門学科入試専門塾のリングアカデミー講師陣が執筆しています。

堀川高校探究科、西京高校エンタープライジング科、嵯峨野こすもす科、桃山自然科学科の受検を考えている皆様へ
リングアカデミーは「専門学科対策用の特別授業」を実施します。
各回申込式のため自分の苦手に合わせた受講が可能です。また、現在通われている塾との併用も可能です。
少しでも興味を持たれましたら、お気軽にご参加いただければ幸いです。
※直前のご連絡でも問題ございません。
リングアカデミーHP

LINE

LINE@のアカウントと友達になれば、まなべーと記事の更新情報をいち早く受け取ることができます。

PCから登録

スマホ・タブレットから登録